アリストテレス

アリストテレス(アリストテレース、 - 、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者である。
【生涯、幼少期、アカデメイア期、アレクサンドロス大王とリュケイオン、思想、論理学、自然学(第二哲学形而上学(第一哲学原因について、範疇論、倫理学、政治学、文学、著作、自然学、生物・動物学、形而上学、レトリックと詩学、偽書、後世への影響、エ...

アリストテレス主義

アリストテレス主義とは、古代ギリシアの哲学者アリストテレスの思想・哲学を継承する思想的立場の総称アリストテレス主義とは - 大辞林/大辞泉/世界大百科事典。
【歴史、逍遙学派(ペリパトス派イスラム哲学、スコラ学、近代哲学、脚注・出典】

アリストテレス全集

アリストテレス全集(アリストテレスぜんしゅう、 )は、アリストテレス名義の著作を集成した全集叢書。
【歴史、アンドロニコスによる編纂、ディオゲネス・ラエルティオスによる目録、ベッカー版、「断片集」の研究、『アテナイ人の国制』の発見、オクスフォード古典叢書(OCT日本語訳、岩波書店(旧版岩波書店(新版脚注・出典】

アリストテレス著作目録

アリストテレス著作目録では、古代の文献に記されたアリストテレスの著作目録を説明する。
【ディオゲネス・ラエルティオスによる目録、ヘシュキオスの目録、イブン・アル=キフティー等の目録、脚注・出典】

詩学 (アリストテレス)

『詩学』(しがく)は、文学理論について論じた古代ギリシャの哲学者・アリストテレスの著作。著作中では、『弁論術』とともに、創作学に関する著作である。
【目次、日本語訳、訳注・研究、脚注・出典】

小品集 (アリストテレス)

『小品集』(しょうひんしゅう)、または『小論考集』(しょうろんこうしゅう)新版アリストテレス全集 とは、アリストテレス名義の著作群の1つ。アリストテレスの手によるものではなくペリパトス派(逍遙学派)の後輩たちの作であり偽書であるとする説が有力である『アリストテレス全集10』 岩波書店 pp.
【構成、内容、日本語訳、脚注・出典】

経済学 (アリストテレス)

『経済学』(けいざいがく)『アリストテレス全集15』 岩波あるいは『家政論』(かせいろん『新版アリストテレス全集17』 岩波、 オイコノミカ)は、アリストテレス名義で継承されてきた偽書の1つ『アリストテレス全集15』 岩波 p.487。
【構成、巻別、第1巻、第2巻、第3巻、日本語訳、脚注・出典】

問題集 (アリストテレス)

『問題集』)とは、アリストテレス名義の著作の1つ。アリストテレスの作品ではなく、ペリパトス派(逍遙学派)の後輩たちの作品と見られている『アリストテレス全集11』 岩波書店 p.
【構成、内容、日本語訳、脚注・出典】

形而上学 (アリストテレス)

『形而上学』(けいじじょうがく、 、 )は、古代ギリシアの哲学者アリストテレスによる形而上学の古典的な研究である。
【構成、詳細、内容、論点、四つの原因、哲学の課題、訳書】