searching none or error

キリスト教

キリスト教(キリストきょう、基督教)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。【キリスト教】デジタル大辞泉 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するた...

原始キリスト教

原始キリスト教(げんしキリストきょう)は、最初期のキリスト教とその教団。ここでは、キリスト教成立から新約聖書の成立までを「原始キリスト教」とし、新約聖書の成立後の1世紀後半以降を「初期キリスト教」として区分する松本宣郎は新約聖書の成立を基準にして原始キリスト教と初期キリスト教を区分している。
【成立、非神話化、ユダヤ教との関係、現代のキリスト教との...

初期キリスト教

初期キリスト教(しょきキリストきょう)では、古代におけるキリスト教の展開を概説する。ここでは、キリスト教成立から新約聖書の成立までを原始キリスト教とし、新約聖書の成立後の1世紀後半から古代末期の3世紀までを「初期キリスト教」とする松本宣郎は新約聖書の成立を基準にして原始キリスト教と初期キリスト教を区分している。松本 2009、 pp. 31-32.。3世紀...

日本のキリスト教

日本のキリスト教史(にほんのキリストきょうし)では、日本におけるキリスト教の歴史とその展開について述べる。日本の宗教全般については日本の宗教を、世界のキリスト教の歴史については、キリスト教の歴史を参照のこと。
【戦国時代から安土桃山時代、背景、ザビエルによる宣教活動、ザビエルとイエズス会、日本での布教活動、豊臣秀吉とキリスト教、江戸時代、島原の乱、...

日本キリスト教協議会

日本キリスト教協議会(にほんキリストきょうきょうぎかい)は、日本のキリスト教エキュメニカル運動団体である。前身は、1923年(大正12年)に日本のプロテスタントキリスト教諸教派・団体の相互連携と海外教会との連絡を目的に設立された日本基督教連盟である。
【活動内容、声明の発表、基本姿勢、加盟教派・団体、教派・教団、団体、准加盟、部門加盟・参加など、歴...

古代末期のキリスト教

古代末期のキリスト教(こだいまっきのキリストきょう)では、「初期キリスト教」の展開以後の3世紀から7世紀にかけての古代末期のキリスト教とローマ帝国、およびゲルマン諸国家との関係について概説する。この時代には、ローマ帝国後期の「3世紀の危機」と軍人皇帝時代をへて、皇帝コンスタンティヌス1世によってキリスト教が公認された。
【3世紀のローマ帝国とキリス...

ドイツキリスト教民主同盟

【政策的特色、キリスト教民主同盟の宗教的根源、経済政策、家族政策 、教育政策、国内政策、外交政策、欧州政策、他党との関係、キリスト教会との関係、歴史、歴代党首、内部構造、州支部データ、高支持率地域、連邦議会選挙における成績】

キリスト教音楽

【祈祷(礼拝)におけるキリスト教音楽、その他のキリスト教音楽、東方教会、正教会、奉神礼における聖歌、音楽的特徴による分類、歴史、古代・中世、近世以降、現代、八調、公祈祷以外の場面における正教音楽、日本正教会の聖歌、東方諸教会、西方教会、宗教改革以前、中世前期、中世中期、中世後期(1300年代ルネサンス時代、カトリック教会、カトリックの教会音楽家、日本のカト...

教会 (キリスト教)

キリスト教における教会(きょうかい)とは、ギリシャ語の「エクレシア」の訳語で、「人々の集い」の意味から転じて、キリスト教における信者の集まりを意味する語である。この語は「公同の教会」、または単位となる信仰共同体を指す意味で使われ、プロテスタントの教会ではキリスト教会(キリストきょうかい)という呼称・名称もよく使われる。
【名称、聖書からの由来、教会...

復活 (キリスト教)

『キリストの墓での3人のマリア』(1835、
【聖書の記述、旧約聖書、新約聖書、キリストの復活、キリスト以外の復活、教会史上の伝承、復活祭・日曜日、教派別の定義、東方教会、正教会、西方教会、カトリック教会、聖公会、プロテスタント、改革派教会、自由主義神学、福音派、復活をテーマとした作品、宗教学からみた他宗教の類似概念との相違】