ギリシア哲学


【ソクラテス以前の哲学者、古代ギリシア哲学(ソクラテス哲学ヘレニズム哲学、中世、ギリシャ正教の関係、ギリシア神話の関係】

物質

物質(ぶっしつ)は
【概説、現代の日常的な用法、古代、哲学ギリシア哲学、ソクラテス以前、プラトン、その後、物質と観念、自然科学、物理学と化学、物理変化と化学変化の例、物質の種類、物質の基本法則、物質の誕生、物質の消滅】

エピクロス主義

エピクロス主義(Epicureanism)は、ヘレニズム期のギリシア哲学者エピクロスに影響を受けた学派。またはそれが快楽主義として通俗化された思想をさす。
ギリシアからローマへ、ルネサンス以降】

問答法

問答法(もんどうほう、 )または対話法(たいわほう)は、広義では質問と討論の形式による思想の叙述である。これは古代ギリシア哲学や戯曲、また孔子の『論語』や仏教の諸経典においても認められる。狭義には古代ギリシア哲学者ソクラテスが用いた真理探究もしくは教育の手法を指し、現在これは心理療法でも応用されている。本項目では後者について述べる。
【ソクラテ...

アリストテレス

アリストテレス(アリストテレース、 - 、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシア哲学者である。
【生涯、幼少期、アカデメイア期、アレクサンドロス大王とリュケイオン、思想、論理学、自然学(第二哲学形而上学(第一哲学原因について、範疇論、倫理学、政治学、文学、著作、自然学、生物・動物学、形而上学、レトリックと詩学、偽書、後世への影響、エ...

アトランティス

アトランティスは、古代ギリシア哲学者プラトンが著書『ティマイオス』及び『クリティアス』の中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。
【アトランティスの語源、アトラス神、アトラスの海、アトラス山脈とアトラス...

ソクラテス

ソクラテス(希:、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシア哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。
【生涯、生い立ち、思想形成、裁判と毒殺、弟子について、思想、環境・時代背景、無知の知、抽象概念の明確化、アレテー(徳/卓越性/有能性/優秀性社会契約論、自立(自律ダイモニオ...

クセノパネス

クセノパネス)は、紀元前6世紀のギリシア哲学者。クセノファネスと表記されることもある。
【生涯と業績、参考】

ディオゲネス・ラエルティオス

ディオゲネス・ラエルティオスは、3世紀前半頃に活躍した哲学史家。『ギリシア哲学者列伝』の著者として知られる。
【人物、脚注・出典】

ティマイオス

『ティマイオス』)は、古代ギリシア哲学者プラトンの後期対話篇の1つであり、また、そこに登場する人物の名称。副題は「自然「ピュシス」physis)の訳語について」。
【構成、登場人物、年代・場面設定、内容、影響、フィロン、オリゲネス、グノーシス主義、カルキディウス、シャルトル学派、日本語訳文献】