クルアーン

クルアーン( )あるいはコーランは、イスラム教(イスラーム)の聖典である。イスラームの信仰では、唯一不二の神(アッラーフ)から最後の預言者に任命されたムハンマドに対して下された啓示と位置付けられている。ムハンマドの生前に多くの書記によって記録され、死後にまとめられた現在の形は全てで114章からなる。
クルアーンの成立と正典化、特徴、イスラム教にお...

象 (クルアーン)

象とは、クルアーンにおける第105番目の章(スーラ)。5つの節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。章題は第1節の「象の人々」に由来しており、西暦570年頃に戦象を引き連れてマッカを襲ったエチオピア軍が神の奇跡で退けられた様子が描かれている。この年は「象の年」と呼ばれており、伝統的にはムハンマドが誕生した年であるとされているものの...

人々 (クルアーン)

人々(アン・ナース)とは、クルアーンにおける第114番目(最後)の章(スーラ)。6の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。井筒俊彦訳では「人間」章となっており、井筒の弟子に当たる牧野信也も「人間」章としている(第76章との章名の重複)井筒 364頁。。クルアーンの最後の章であるが最後の啓示というわけではなく、啓示された時期とし...

星 (クルアーン)

『星』とは、クルアーンにおける第53番目の章(スーラ)。62の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。
【内容、脚注・出典】

山 (クルアーン)

『山』とは、クルアーンにおける第52番目の章(スーラ)。49の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。
【内容、脚注・出典】

鉄 (クルアーン)

『鉄』とは、クルアーンにおける第57番目の章(スーラ)。29の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。
【内容、脚注・出典】

暁 (クルアーン)

『暁』とは、クルアーンにおける第89番目の章(スーラ)。30の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。
【内容、脚注・出典】

町 (クルアーン)

『町』とは、クルアーンにおける第90番目の章(スーラ)。20の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。
【内容、脚注・出典】

朝 (クルアーン)

『朝』とは、クルアーンにおける第93番目の章(スーラ)。11の節(アーヤ)から成る日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳。
【内容、脚注・出典】