ケインズ経済学

ケインズ経済学(ケインズけいざいがく、英: Keynesian economics)とは、ジョン・メイナード・ケインズの著書『雇用・利子および貨幣の一般理論』を出発点に中心に展開された経済学のこと。
【理論、賃金と消費支出、過剰貯蓄、積極的財政政策、乗数効果、IS-LMモデル、有効需要の原理、政策と思想的背景、公共投資との関連、軍事ケインズ主義、ハ...

ジョン・メイナード・ケインズ

イースト・サセックス、ティルトン
【経歴、略歴、経済学者として、ケインズ・モデル、不確実性、ハイエクとの関係、社会主義について、政治活動、ジャーナリズム、投資、日本語文献、ケインズ全集、伝記、脚註】

マクロ経済学

マクロ経済学(マクロけいざいがく)は、経済学の一種で、個別の経済活動を集計した一国経済全体を扱うものである。
【概説、古典派、ケインズとカレツキ、新古典派総合、新しい古典派、ニューケインジアン、両者の融合の試み、学派、比較、ケインズ的分析、非ケインズ的分析】

ケインズサーカス

ケインズサーカスあるいはケンブリッジサーカスとは、ジョン・メイナード・ケインズが一般理論を立脚させるために指揮した5人の若手学者集団。その多くが、世界的な経済学者となっているだけでなく、ジェームス・ミードがノーベル経済学賞を受賞している。
【構成メンバー、ケインズサーカスの関係者】

軍事ケインズ主義

軍事ケインズ主義(ぐんじケインズしゅぎ、Military Keynesianism)は、直接的な戦争ではなく、景気や経済を調整する目的で多大な軍費を投入する政策である。「戦争を頻繁に行うことを公共政策の要とし、武器や軍需品に巨額の支出を行い、巨大な常備軍を持つことによって豊かな資本主義社会を永久に持続させられるとの主張」チャルマーズ・ジョンソン「軍事ケイン...

ポスト・ケインズ派経済学

ポスト・ケインズ派経済学とは、ジョン・メイナード・ケインズが著した『雇用・利子および貨幣の一般理論』をもとにして、ミハウ・カレツキ、ジョーン・ロビンソン、ニコラス・カルドア、ポール・デヴィッドソン、ピエロ・スラッファなどの影響を受けて発展してきた経済学の学派である。
【歴史、特徴、三つの系統、ケインズ原理主義、カレツキ派、スラッファ派、ポストケイン...

混合経済

混合経済(こんごうけいざい、mixed economy)とは、計画経済と市場経済の混合システムである。自由放任の政治経済の思想に対し、多くの国営企業が市場に参入したり、政府が経済政策などを通したりして、社会経済に多くの影響力を行使するものである。
【背景、所得再分配、公共投資、ケインズ経済学と社会民主主義と第三の道、ケインズ経済学の展開】

昭和

昭和(しょうわ)は日本の元号の一つ。大正の後、平成の前。昭和天皇の在位期間昭和天皇は父・大正天皇の病を受け1921年(大正10年)11月25日に「摂政宮」に就いている。である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。20世紀の大半を占める。
【改元、開始、終了、第一次世界大戦後、金融恐慌、田中内閣と山東出兵、普通選...

ケインジアン

ケインジアン とはイギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズの理論に基づく経済学理論(ケインズ経済学)を支持する者を指す。ケインズ学派ともいう。
【アメリカンケインジアン、ポストケインジアン、1980年代以降の流れ、現代のケインジアン、アメリカの流れ、ポストケインジアンの流れ、関連事項】

資本主義

Chris Jenks.
【用語、歴史、近代以前、産業革命と初期資本主義、第一次世界大戦後の世界恐慌と修正資本主義、第二次世界大戦後、類型、学派、古典派経済学、マルクス経済学、オーストリア学派、新古典派経済学、アメリカ学派、ケインズ経済学、シカゴ学派、マネタリスト、ニュー・ケインジアン、議論、主な思想による批判、批判の詳細】