ソクラテス

ソクラテス(希:、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。
【生涯、生い立ち、思想形成、裁判と毒殺、弟子について、思想、環境・時代背景、無知の知、抽象概念の明確化、アレテー(徳/卓越性/有能性/優秀性社会契約論、自立(自律ダイモニオ...

ソクラテス (曖昧さ回避)

ソクラテス( Socrates)はギリシャ語・ポルトガル語の人名。現代のギリシャ語発音では「ソクラティス」。
【ギリシャ人の人名、ポルトガル語圏の人名、人名以外】

ソクラテス以前の哲学者

ソクラテス以前の哲学者(ソクラテスいぜんのてつがくしゃ)は、ソクラテス以前の初期ギリシア(紀元前6世紀から紀元前4世紀)の哲学者のことである。
【代表的人物、活動期と地域、概説、彼らが確立したもの、研究、関連文献】

ソクラテス (サッカー選手)

【経歴、クラブ、代表、死去、人物、プレースタイル、タイトル、個人、個人成績、クラブでの出場記録、代表での年別出場試合数】

ソクラテスの弁明

ソクラテスの弁明』(ソクラテスのべんめい)は、プラトンが著した初期対話篇。単に、『弁明』)とも。
【歴史的背景、構成、登場人物、時代・場面設定、特徴、内容、あらすじ、詳細、論点、無知の知、正義、裁判、政治、大衆、青年の教育、蓄財、ダイモニオン、信仰、評価、訳書、漫画】

ソクラテス式問答法

ソクラテス式問答法(ソクラテスしきもんどうほう、。別名: 反対論証法〔〕もしくはソクラテス式討論〔〕)は古代ギリシャの哲学者ソクラテスにちなんで名づけられた探究の方式であり、個人間の議論の方式である。
【方法、応用、精神療法、法学教育での応用】

ギリシア哲学


ソクラテス以前の哲学者、古代ギリシア哲学(ソクラテス哲学ヘレニズム哲学、中世、ギリシャ正教の関係、ギリシア神話の関係】

ソクラテスの思い出

ソクラテスの思い出(Memorabilia、Apomnemoneumata、Recollections、Memoirsなど)は、クセノポンによるソクラテスに関する根本文献で、その哲学活動のもっとも長い記述がある。
【成立、内容、日本語訳】