メガラ学派

メガラ学派(メガラがくは、英語:Megarian school)とは、ソクラテス弟子だったメガラのエウクレイデスを始祖とする哲学の学派。エウクレイデスは、存在は善のみが存在すると主張した。