チャールズダーウィン

グレートブリテン及びアイルランド連合王国 シュロップシャー州 シュルーズベリー
【経歴、生い立ち、幼少期、ビーグル号航海、帰国後、結婚、自然選択説への到達、ダーウィンの進化論、自然選択説、獲得形質遺伝の支持とパンゲン説の提唱、性選択に対する見解、自然選択説の公表、『種の起源』への反響、人間の由来と性選択、その他の研究、晩年、家族と子孫、社会思想、...

チャールズダーウィン研究所

チャールズダーウィン研究所 ECCD、 、 CDRS)は、チャールズダーウィン財団により運営される生物学的研究所である。研究所は、エクアドルに属するガラパゴス諸島のサンタ・クルス島にあるプエルト・アヨラの東端に位置しており藤原 、185頁、イサベラ島およびサン・クリストバル島のサテライト・オフィスでもある。
【歴史、目的と研究】

性淘汰

チャールズダーウィン『人間の進化と性淘汰』(1871年)のイラスト
【概説、性淘汰の分類、同性間競争、精子競争、配偶者選択、雌雄間の利害対立、配偶者選択の理論モデル、ランナウェイ説、指標説、ハンディキャップ説、性淘汰の原因、性的二形性、学説史、批判、ヒトにおける例】

集団遺伝学

集団遺伝学(しゅうだんいでんがく)は、生物集団内における遺伝子の構成・頻度の変化に関する遺伝学の一分野。チャールズダーウィンの自然選択説とグレゴール・ヨハン・メンデルの遺伝法則の融合から誕生した分野と呼ぶこともできる。

チャールズダーウィン大学

チャールズダーウィン大学(—だいがく、略称:CDU)は、オーストラリア連邦ノーザンテリトリーのダーウィンに本部をおく公立大学である。メインキャンパスはダーウィン郊外のカシュアリーナにあり、Palmerston、Tennant Creek、Yulara、 Jabiru、Katherine 、Nhulunbuy 及びアリススプリングスに他のキャンパスはある。...

自然選択説

自然選択説(しぜんせんたくせつ)とは、進化を説明するうえでの根幹をなす理論。厳しい自然環境が、生物に無目的に起きる変異(突然変異)を選別し、進化に方向性を与えるという説。1859年にチャールズダーウィンとアルフレッド・ウォレスによってはじめて体系化された。自然淘汰説(しぜんとうたせつ)ともいう。日本では時間の流れで自然と淘汰されていくという意味の「自然淘...

ダーウィニズム

ダーウィニズムとは、チャールズダーウィンに始まる進化の研究に関わるさまざまな現象や概念に対して用いられる語で、用語の意味は時と共に変わり、また誰がどのような文脈で用いるかによっても変わる。ダーウィン主義とも訳される。
【19世紀のダーウィニズム、現代の用法、通俗的用法、自然選択】

ダーウィン (ノーザンテリトリー)

ダーウィン(Darwin)は、オーストラリア連邦の準州ノーザンテリトリーの州都である。人口は12万5千人(2009年オーストラリアでは16位で、準州の総人口の約6割がここに集中している。オーストラリア大陸北側のティモール海沿いに位置する。他の国内主要都市からは離れた位置にある(パースから4042km、首都のキャンベラからは3969km)一方でオーストラリア...

社会進化論

社会進化論(しゃかいしんかろん)は、ヘーゲルやコントなどの社会の進歩についての議論をベースに、生物学において広まりつつあったさまざまな進化論をとりこんでつくられた社会理論の一種である。その理論は多様であり、目的論的自然観に基づく方向性のあるものから、チャールズダーウィンの進化論にヒントを得て、方向性の定まっていないものまで含まれる。しかし、今日の英語圏で...

フランシス・ゴルトン

フランシス・ゴルトン(Sir Francis Galton、1822年2月16日 - 1911年1月17日)は、イギリスの人類学者、統計学者、探検家、初期の遺伝学者。フランシス・ゴールトンとも。母方の祖父は医者・博物学者のエラズマス・ダーウィンで、進化論で知られるチャールズダーウィンは従兄にあたる。
【生涯、生い立ち、優生学と近代統計学の父、その...