デカルト

デカルト
【すべての曖昧さ回避、曖昧さ回避】

ルネ・デカルト

【生涯、生い立ち、学生時代、遍歴時代、パリでの交流、オランダでの隠棲時代、最後の旅、思想、哲学、体系、方法、形而上学、方法的懐疑、コギト・エルゴ・スム、神の存在証明、心身合一の問題、自然哲学、機械論的世界観、倫理学、数学、著作、日本語訳、日本語文献、伝記】

デカルト閉圏

圏論において、カテゴリーがデカルト閉(デカルトへい)であるとは、大雑把に言えば任意の二つの対象の直積上で定義される射が直積因子の一方で定義される射と自然に同一視できることである。デカルト閉な圏はラムダ計算の自然な設定ができるという点で数理論理学およびプログラミングの理論において特に重要である。デカルト閉圏の概念はモノイド圏に一般化される(モノイド閉圏を参照...

地理座標系

地理座標系(ちりざひょうけい)とは、地球および天体上の地点を表すための座標系である。
【緯度と経度、ユニバーサル横メルカトル図法とユニバーサル極平射図法、立体射影座標系、測地高度、デカルト座標系、地球の形、長さの単位としての経緯度の表現、測地系、静止衛星】

認識論

認識論(にんしきろん)は、認識、知識や真理の性質・起源・範囲(人が理解できる限界など)について考察する、哲学の一部門である。存在論ないし形而上学と並ぶ哲学の主要な一部門とされ、知識論とも呼ばれる。
【多義性、特徴、哲学的認識論と科学的認識論、哲学的認識論の歴史、前史、古代、プラトン、アリストテレス、中世、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、近代的...

実体二元論

実体二元論の代表例であるデカルト二元論の説明図。デカルト
【歴史、問題点、ライルによる指摘、リベットによる指摘、デネットによる指摘、ひとつの自己に関する問題点、分離脳、高次脳機能障害、唯脳論を超える近年の諸見解、保江邦夫の見解、イアン・スティーヴンソンによる調査、量子脳理論、神学・宗教哲学、臨死体験と死後の世界、サム・パルニアの見解、疎外論と幻想...

先入観

先入観(せんにゅうかん)は、対象認識において、誤った認識や妥当性に欠ける評価・判断などの原因となる知識、または把握の枠組みを言う。そこから脱するには、すべての不確実なものを一度は疑うべきだとデカルトは述べている。デカルトデカルト』野田又夫 編、中央公論社1995年、331頁。人間は、通常、直接に対象に出会う以前に、他者の言葉とか、メディアの風説、書物など...

心身問題

心身問題(しんしんもんだい、英語:Mind–body problem)とは哲学の伝統的な問題の一つで、人間の心と体の関係についての考察である。この問題はプラトンの「霊―肉二元論」にその起源を求めることも可能ではあるが、デカルトの『情念論』にて、いわゆる心身二元論を提示したことが心身問題にとって大きなモメントとなった。現在では心身問題は、認知科学・神経科学・...

デカルトの円定理

幾何学におけるデカルトの定理とは、互いに接する4つの円の半径がある二次方程式を満たす、という主張である。1642年にこれを発表したルネ・デカルトにちなむ。
【歴史、主張、特別な場合、3つの円が同じ点で接している場合、直線が存在する場合、曲率が平方数の場合、複素数定理、一般化】

デカルト主義

デカルト主義(デカルトしゅぎ)とは、ルネ・デカルトによる哲学的教説(もしくはそれに連なる学派)を指す言葉である。デカルトはしばしば、理性の使用こそが自然科学の発展に繋がると強調した最初の思想家であると考えられている。
【地理的な分布、著名なデカルト主義者】