代数多様体

代数多様体(だいすうたようたい、algebraic variety)は、最も簡略に言えば、多変数の連立多項式系の解集合として定義される図形と述べる事が出来る。代数幾何学の最も主要な研究対象であり、デカルトによる座標平面上の解析幾何学の導入以来、多くの数学者が研究してきた数学的対象である。主にイタリア学派による射影幾何学的代数多様体、代数関数論およびその高次...

モジュライ空間

代数幾何学では、モジュライ空間)空間の点が、決められた種類の代数幾何学的な対象を表す点となっている、もしくは、そのような対象とを表現している点からなる幾何学的な空間のことを言う。そのような空間はしばしば分類問題の解として現れる。
【動機、基本的な例、射影空間とグラスマン多様体、Projective Space and Grassmannians、周...