ヒルベルトポワンカレ級数

数学、とくに代数学の分野において、ヒルベルトポワンカレ級数 (と呼ばれることもある)は、次数付き代数的構造の文脈に次元の概念を適応したものである(構造全体はしばしば無限次元である)。ダヴィット・ヒルベルト とアンリ・ポワンカレ にちなんで名づけられている。
【定義、ヒルベルト–セールの定理、チェイン複体】