ヒルベルト・ポリア予想

数学において、ヒルベルト・ポリア予想 とは、スペクトル理論によるリーマン予想への一つのアプローチの方法である。1910年代に、ヒルベルトとポリアが、リーマン予想の証明は自己共役作用素を見つけることにより得られるのではないかと示唆したことが、この予想の契機である。
【歴史、1950年代とセルバーグ跡公式、1970年代とランダム行列、最近、量子力学と...

明示公式

数学では、L-函数の明示公式は、L-函数の複素数の零点を渡るの和と素数べきを渡る和との関係のことを言い、リーマンゼータ函数について により導入された。明示公式は、や導手の境界に関する問題への応用も持っている。
【リーマンの明示公式、ヴェイユの明示公式、一般化、応用、ヒルベルト・ポリア予想、関連書籍】