アインシュタイン・ヒルベルト作用

アインシュタイン・ヒルベルト作用、あるいはヒルベルト作用は、一般相対性理論において、最小作用の原理を通してアインシュタイン方程式を導く作用である。
【議論、アインシュタイン方程式の導出、リーマンテンソル、リッチテンソル、リッチスカラーの変分、行列式の変分、運動方程式、宇宙定数、参照項目】

シフト作用

数学の、特に関数解析学の分野に現れるシフト作用素(シフトさようそ)あるいは平行移動作用素(translation operator)とは、ある関数 をその平行移動 に写す作用素のことを言う。時系列解析では、シフト作用素はと呼ばれる。
【定義、実変数関数、列、アーベル群、シフト作用素の性質、ヒルベルト空間上での作用、一般化】