searching none or error

カリー=ハワード同型対応

関数型プログラムとして書かれた証明:自然数の加法に関する交換律の
【Origin、 scope、 and consequences、一般的な定式化、ヒルベルト流の推論体系とコンビネータ論理との間の対応、自然演繹とラムダ計算との間の対応、古典論理と制御演算子との間の対応、シークエント計算、再帰型と自己言及、「証明=プログラム」対応に関連する話題、ド・...

ヒルベルトスキーム

代数幾何学では、ヒルベルトスキームとは、を精密化したある射影空間(より一般的には射影スキーム)の閉部分スキームのパラメータ空間であるスキームである。ヒルベルトスキームは、ヒルベルト多項式に対応するの共通点を持たない合併である。ヒルベルトスキームの基本理論は、により開発された。は、非射影多様体はヒルベルトスキームを必ずしも持たないことを示している。
...

随伴作用素

数学の特に函数解析学において、ヒルベルト空間上の各有界線型作用素は、対応する随伴作用素(ずいはんさようそ)を持つ。作用素の随伴は正方行列の随伴行列の概念の無限次元の場合をも許すような一般化である。
【有界作用素に対する定義、性質、密定義作用素の随伴、エルミート作用素、反線型作用素の随伴、その他の随伴】

リー群の表現

数学や理論物理学では、リー群の表現の考え方は、連続対称性の研究で重要な役割を果たす。 そのような表現は、対応する「無限小」リー代数の表現研究で使用する基本的なツールであることが良く知られている。物理学の文献では、リー群の表現とリー代数の表現との間の違いを強調しないこともある Chapter 2.。
【有限次元複素ベクトル空間上の表現、任意の体上の有...

D-加群

数学において、D-加群は、微分作用素の環 D 上の加群である。そのような D-加群への主要な興味は、線型偏微分方程式の理論へのアプローチとしてである。
【はじめに:ワイル代数上の加群、代数多様体上の D-加群、函手性、ホロノミック加群、ワイル代数上のホロノミック加群、一般的定義、性質と特徴付け、応用、カズダン・ルースティック予想、リーマン・ヒルベル...