超数学

超数学(ちょうすうがく)あるいはメタ数学(メタすうがく)とは、数学自体を研究対象とした数学のこと。超数学という語を初めて用いたのはヒルベルトであり、は数学の無矛盾性や完全性を問題とした。