プラトン

善のイデア哲人王夜の会議
【概説、生涯、少年・青年期、第一回シケリア旅行、学園開設、第二回シケリア旅行、第三回シケリア旅行、哲学、イデア論、問答法(弁証法・弁証術数学・幾何学、天文学・自然学・神学、魂論、倫理学、政治学・法学、教育論、感性論・芸術論、著書、編纂と真贋問題、印刷と普及、執筆時期、初期-中期(30代-40代中期-後期(50代-60代最後...

プラトン (曖昧さ回避)

プラトン

プラトン主義

プラトン主義は、後3世紀に成立し、西洋古代哲学の掉尾を飾った潮流である。始祖とされるプロティノス(3世紀)は、プラトンのイデア論を徹底させ、万物は一者から流出したもの(流出説)と捉えた。ネオプラトニズムとも。
【古代の新プラトン主義、中世以降の新プラトン主義、ルネサンス期、日本語文献】

プラトン全集

プラトン全集 )は、プラトン名義の著作を集成した全集叢書。
【歴史、トラシュロスの四部作(テトラロギア)集、ディオゲネス・ラエルティオスによる分類、ステファヌス版、オクスフォード古典叢書(OCT):バーネット版・旧版、日本語訳、岩波書店、脚注・出典】

HOTEL

『HOTEL』(ホテル) は、紺間宏(漫画原作者大石健一の別名)シナリオ・石ノ森章太郎作画の青年漫画である。
【漫画、登場人物、東京プラトン、他プラトン関係者、横浜プラトン、札幌プラトン、ニューヨーク・プラトン、その他、宿泊客など、書籍、テレビドラマ、HATAGO[旅籠]】

プラトン

【データ、略歴・概要、おもなビブリオグラフィ、註】

定義集 (プラトン)

『定義集』(ていぎしゅう、 ホロイ、 、 )は、プラトン名義の著作の1つだが、偽書と看做されている『プラトン全集15』 岩波 pp.271-273 。
【内容、日本語訳、脚注・出典】

プラトン・アカデミー

プラトン・アカデミー(Accademica Platonica)はルネサンス期にフィレンツェ・メディチ家の周囲に集まった人文主義者らによる私的なサークルをいう。大学のようなものではなく、フィチーノの友人たちの集まり、と言ってもよい。
【影響、否定説、関連年表、註】

プラトニズム

プラトニズム(英語:Platonism)またはプラトン主義とはプラトンの哲学またはプラトンの哲学に強く由来する哲学体系を指して言われる。狭義ではプラトンの実在論の教理を指して言われる。
【歴史、アカデメイア派、中期プラトニズム、ネオプラトニズム、ネオプラトニズムとキリスト教、近代プラトニズム】

書簡集 (プラトン)

『書簡集』(しょかんしゅう)は、プラトン名義の13通の手紙を集めてまとめたもの。真作と偽作が混ざっている。
【一覧、訳書】