モンテスキュー (曖昧さ回避)

モンテスキュー(Montesquieu 、Montesquiou )は、フランスの地名などに用いられている固有名詞である。現在では、その一つを所領としていた思想家モンテスキューの呼び名として知られている。
【人名、地名】

ロベール・ド・モンテスキュー

モンテスキュー=フェザンサック伯マリー・ジョゼフ・ロベール・アナトール は、フランスの唯美主義者、象徴派詩人、美術収集家、そしてダンディズムの体現者である。
【生涯、作品、詩作、評論、小説、伝記、演劇、回想録】

民主主義

民主主義(みんしゅしゅぎ、デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動民主主義(デジタル大辞林、ブリタニカ国際大百科事典、大辞林 第三版)。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。
【用語、デモクラシー、「民主」という...

マルクス・トゥッリウス・キケロ

マルクス・トゥッリウス・キケロ 紀元前106年1月3日 - 紀元前43年12月7日)は、共和政ローマ末期の政治家、文筆家、哲学者である。ラテン語でギリシア哲学を紹介し、プラトンの教えに従う懐疑主義的な新アカデメイア学派から出発しつつ、アリストテレスの教えに従う古アカデメイア学派の弁論術、修辞学を評価して自身が最も真実に近いと考える論証や学説を述べ、その著作...

法の精神

『法の精神』(ほうのせいしん)は、1748年にジュネーヴで出版された啓蒙思想家モンテスキュー男爵シャルル=ルイ・ド・スゴンダの政治理論書。日本では権力分立を定式化した著書として有名だが、その論点は政治学、法学、社会学、人類学など多岐にわたっている。なお、誤解が多いが、本書中では権力が三権(立法権・司法権・行政権)のみならず、四権ないし五権にまで分立すべきで...

啓蒙主義の歴史記述

【特徴、啓蒙思想の歴史意識、普遍史、聖書批判、近代的年代学、啓蒙主義の歴史記述、歴史的展開、事実の把握、その個別化、ベール、ライプニッツ、目的論の拒否、ヴォルテール、ヒューム、構造の把握、同時代への批判、モンテスキュー、ルソー、進歩史観、コンドルセ、そしてロマン主義へ、ヘルダー、啓蒙主義的歴史研究の限界、ヨーロッパ中心史観、中世史の欠如、歴史事実と歴史概念...