ゴシック・ロック

ゴシック・ロック(ゴスロック、ゴス)は、1970年代に誕生した、ポストパンクやオルタナティヴ・ロックのサブジャンルの一つである。暗いテーマと、ゴシック・ホラーやロマンチシズム、実存主義哲学やニヒリズムといった知的なものを扱う。ゴシック・ロックによって、ゴス文化は、ゴス・クラブやゴシック・ファッション、ゴス専門雑誌などの発展を見せた。
【スタイル・起...

近世哲学

近世哲学(きんせいてつがく)は、中世の後に区分される、おおよそ16世紀から20世紀までの哲学のこと。近代哲学とも。
【合理論、デカルト、マルブランシュ、スピノザ、ライプニッツ、経験論、ロック、バークリ、ヒューム、カント】

認識論

認識論(にんしきろん)は、認識、知識や真理の性質・起源・範囲(人が理解できる限界など)について考察する、哲学の一部門である。存在論ないし形而上学と並ぶ哲学の主要な一部門とされ、知識論とも呼ばれる。
【多義性、特徴、哲学的認識論と科学的認識論、哲学的認識論の歴史、前史、古代、プラトン、アリストテレス、中世、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、近代的...

自然状態

自然状態は、政治哲学上の用語としては、政治体を構成しないバラバラの人間達が生むであろう、人間間の様子である。逆に政治体を構成している人間達は「社会状態」に入ったなどと言われる。以下は政治哲学におけるものに絞った解説である。
【自然状態と社会契約説、自然状態と自然権と自然法、自然状態は単なるフィクションか、ロジャー・ベーコンとデカルト、自然状態論の諸...

ブラックメタル

ハードコアパンク、ゴシック・ロック
【特徴、楽曲、ファッション・パフォーマンス、歴史、第一世代、第二世代、歌詞・思想・哲学、個人主義、サタニズム、バンド一覧、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アメリカ、フランス、ドイツ、スイス、イギリス、イタリア、ギリシャ、ウクライナ、ポーランド、チェコ、インドネシア、ブラジル、カナダ、オーストリア、デンマー...

臨死体験

【名称・訳語、研究史、臨死体験のパターンと経験者の変化、臨死体験のパターン、体外離脱、光体験、人生回顧 、臨死体験後に起きる変化、死者の「お迎え」現象、アジア人の臨死体験、ネガティブな臨死体験、臨死体験に関する解釈や仮説、辞書的な説明、科学的な仮説・解釈、脳内現象説、エンドルフィン説、エンドルフィン説への批判、酸素欠乏説、酸素欠乏説への批判、Gロック説、G...

ジョン・ロック講義

ジョン・ロック講義(じょんろっくこうぎ、John Locke Lectures)とは、オックスフォード大学で年に一度行われる哲学の記念講義である。スコットランドの大学で行われるギフォード講義と並んで、世界で最も名誉ある学術記念講義の一つである。1950年にヘンリー・ワイルドの遺産をもとに開始された。
【講師リスト】

寛容

寛容(かんよう)とは自分と異なる意見・宗教を持っていたり、異なる民族の人々に対して一定の理解を示し、許容する態度・心の広さである。
【「寛容」の語源と意味 、哲学における寛容論、トマス・モアの寛容論、ジョン・ロックの寛容論、ヴォルテールの寛容論、マルクーゼの『抑圧的寛容』】

人間知性論

『人間知性論』(にんげんちせいろん、英: An Essay concerning Human Understanding)は、1689年に出版された、イギリスの哲学者ジョン・ロック哲学書。ロックは20年かけてこの著作を書き上げ、近代イギリス経験論の確立に寄与した。
【構成、主題、仏語翻訳の影響、日本語訳、脚注・出典】