運賃学説

運賃学説(うんちんがくせつ・英pricing of transport theory)とは、交通サービス用役に対価として支払う運賃の決定方法に関する学説のことである。
【運送価値説、運送費用説、限界費用説】