searching none or error

仏教

仏教(ぶっきょう、旧字体: 佛敎、サンスクリット: बौद्धधर्मः )は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、もしくはガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。キリスト教・イスラム教と並んで、日本では出版点数の多い宗教の一つに数えられる。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。
【教義、世界観、輪廻転生・六道・...

インドの仏教

インドの仏教(インドのぶっきょう)は、仏教の開祖の釈迦牟尼(ガウタマ・シッダールタ)が古代インド十六大国時代の一つコーサラ国のカピラ城(カピラヴァストゥ)に生まれたことに始まるとされる。
【インド仏教の特色、インド仏教の歴史、最初期、部派仏教、大乗仏教運動の興隆、密教の成立、インド社会との交流史、ヴェーダとの交渉、興隆期から没落期まで、インドの仏教...

論 (仏教)

論(ろん)は、仏教の教説を解説した書物の総称。論書とも。
【歴史、部派仏教とアビダルマ、アビダルマの注釈書、大乗仏教における論】

台湾の仏教

台湾の仏教(たいわんのぶっきょう)は台湾で信仰されている仏教である。
【沿革、台湾での起源、日本統治時代、第二次世界大戦以降、台湾の仏教宗派、五座山、九大宗派、日本の仏教

仏教哲学

仏教は、インドで紀元前6世紀に釈迦が創始した宗教であり、ひとつの学問体系であるといえる。しかし、釈迦の説いたのは、それまでのインドの思索や体系、また価値観と不可分である。
仏教と関係のあった既存思想、ヴェーダ、ウパニシャッド、シュラマナ、釈迦、無分別、縁起、存在の証明、空、唯識】

朝鮮の仏教

佛教を護法した
【歴史、三国時代の初期仏教、統一新羅時代、高麗時代、李氏朝鮮時代の仏教弾圧、近代の復興、宗団、大乗仏教宗団、密教宗団、日本での朝鮮の仏教、評価】

仏教学者

仏教学者(ぶっきょうがくしゃ、Buddhist scholar)は、仏教を研究の対象とする研究者・学者。
【日本の仏教学者、著名な仏教学者、あ行、か行、さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、わ行】

法 (仏教)

仏教における法(ほう、ダルマ(ダーマパーリ語:、プラークリット: 、ダンマ)とは、法則・真理、教法・説法、存在、具体的な存在を構成する要素的存在などのこと。本来は「保持するもの」「支持するもの」の意で、それらの働いてゆくすがたを意味して「秩序」「掟」「法則」「慣習」など様々な事柄を示す。
【インドにおける「法」、仏教における「法」、真理を意味する「...

中東の仏教

中東には約90万人、もしくはそれ以上の仏教信者が存在すると推定されている。中東の仏教信者は中東全体の総人口の0.
【サウジアラビアの仏教、各国の仏教信者数】

チベット仏教

チベット仏教(チベットぶっきょう)は、チベットを中心に発展した仏教の一派。チベット仏教は、根本説一切有部律の厳格な戒律に基づく出家制度から、大乗顕教の諸哲学や、金剛乗の密教までをも広く包含する総合仏教である。
【特徴、教義、基盤となる顕教の教え、密教的実践、信仰形態、諸国への伝播、歴史、吐蕃と仏教伝来、分裂時代と仏教復興、サキャ派政権とモンゴル帝国...