儒教

[zhongshu.jpg董仲舒]
【教典、四書と宋明理学、礼儀、冠服制度、教義、起源、孔子とその時代、孔子以後の中国における歴史、秦代、漢代、古文学と今文学、三国時代・晋代、玄学、南北朝時代・南学と北学、隋代、唐代、宋代、道統論、新学、天論、南宋時代、朱熹、道学、元代、明代、王陽明、東林学派、朱元璋の六諭、清代、考証学、近代、孔教運動、現代、新文...

日本の儒教

日本の儒教(にほんのじゅきょう)では、日本における儒教について概説する。
【歴史、日本への伝来、飛鳥時代 - 平安時代、鎌倉時代 - 安土桃山時代、江戸時代、明治以降、現代、日本の儒学者一覧、関連史蹟】

朝鮮の儒教

【高麗の儒教、李氏朝鮮の宋明理学、現代社会と儒教、朝鮮の儒教芸術、儒教の儀式】

前漢

【歴史、建国、呂氏の専横、文景の治、全盛、霍光と宣帝、儒教国家への道、政治、皇帝、官制、中央、地方、郡国制、採用制度、兵制、祭祀、郊祀、封禅、廟制、元号と暦、経済、貨幣制度、税制、農業、手工業、専売制、農村・都市、首都長安、爵制、豪族、遊侠、身分制度、文化、思想、儒教、道家、神秘思想、仏教、文学、漢詩、芸術、墳墓、絵画、陶磁器、服飾、ギャラリー、国際関係、...

聖人

聖人(せいじん[漢音]、しょうにん[呉音])
儒教、仏教、キリスト教、崇敬と歴史、祝日・記憶日、洗礼名・聖名・霊名、聖遺物・不朽体、聖人認定、教派別の崇敬のあり方の違い、正教会、カトリック教会、聖公会、プロテスタント、ルーテル教会、改革派教会等、崇敬の地域性、聖人にちなむ地名、イスラム教、聖人として扱われることがある人物、十二イマーム派の歴代イマ...

五経

五経(ごけい・ごきょう)または六経(りっけい・りくけい)は、儒教で基本経典とされる5種類または6種類の経書の総称。すなわち『詩』・『書』・『礼』・『楽』・『易』・『春秋』の六経から、はやく失われた『楽』を除いたものが「五経」である。すべて孔子以前からの書物であるが、伝統的な儒教の考えでは孔子の手を経て現在の形になったと考えられている。
【順序、備考】

石経

石経(せっけい、 せっきょう)とは、古代中国において石碑や断崖に刻まれた儒教や仏教、道教の経典。特に儒教の石経は国家プロジェクトとして作成され、五経の定本および漢字の標準字体を示す役割を果たした。
【主な石経、儒教、仏教、道教】

経書

経書(けいしょ)は、儒教でとくに重視される文献の総称。経典(儒家経典)ともいう。
【名数、脚注・出典】

修身

修身(しゅうしん)は、「身を修めること」を意味し、第二次世界大戦前の日本の小学校(戦前期は尋常小学校、第二次世界大戦中は国民学校)における科目のひとつ。1890年(明治23年)の教育勅語発布から、1945年(昭和20年)の敗戦まで存在した。
【語源、明治期以前、明治期、比較、歴史、前史/江戸時代、教育勅語以前、学制以前、学制下の道徳教育、学制の成立...

江戸時代

江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家が日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の徳川将軍家による政府は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。
【期間、沿革、江戸時代初期・前期、江戸時代中期、江戸時代後期、文化・文政期、天保期、江戸時代末期、開国・日米和親条約、文久の国内...