ユークリッド原論

ストイケイア
【内容、構成、定義・公準・公理、原典と翻訳、日本語訳、英訳、原典】

ユークリッド幾何学

ユークリッド幾何学(ユークリッドきかがく)は、幾何学体系の一つであり、古代エジプトのギリシア系・哲学者であるエウクレイデスの著書『ユークリッド原論』に由来する。詳しい説明は『ユークリッド原論』の記事にある。

数学原論

【構成、版の詳細、本の相互関係、プロジェクトの進展】

形式体系

形式体系(けいしきたいけい、Formal System)は、数学のモデルに基づいた任意の well-defined な抽象思考体系と定義される。エウクレイデスの『原論』は史上初の形式体系とされることが多く、形式体系の特徴をよく表している。その論理的基盤による体系の命題と帰結の関係(論理包含)は、他の抽象モデルを何らかの基盤とする体系から形式体系を区別するも...

幾何学

18世紀の百科事典の幾何学図形の表。
【歴史、起源、古代ギリシャの幾何学、初期のギリシャ幾何学、数学的意味での証明の誕生と原論の成立、後期のギリシャ幾何学、ヨーロッパにおける幾何学、中世ヨーロッパのユークリッド幾何学、解析幾何学誕生、トポロジー・グラフ理論の起源、微分幾何学の黎明、総合幾何学、射影幾何学、非ユークリッド幾何学、幾何学基礎論、高次元幾...

アントワーヌ・ラヴォアジエ

【生涯、出生から学生時代、フランス科学アカデミー入会から結婚まで、様々な実験から『化学命名法』出版まで、フランス革命勃発、『化学原論』出版から処刑まで、ギロチンの都市伝説、ラヴォアジエの元素表】

エウクレイデス

アレクサンドリアのエウクレイデス(ユークリッド紀元前3世紀? - )は、古代ギリシアの数学者、天文学者とされる。
【生涯、著作、原論、その他の著作、日本語訳、脚注・出典】

代数幾何原論

『代数幾何原論』(だいすうきかげんろん)は(ジャン・ディュドネとともに)アレクサンドル・グロタンディークによって書かれた、代数幾何学を根底から書き換えた数学書。ユークリッドの『原論』と同様に13巻刊行される予定であったが、5巻以降は未完成。
【全13章の構成、文献情報】

ニコラ・ブルバキ

ニコラ・ブルバキ ブールバキとも)は架空の数学者であり、主にフランスの若手の数学者集団のペンネームである。当初この数学者集団は秘密結社として活動し、ブルバキを一個人として活動させ続けた。
【ブルバキの業績、ブルバキの参加者、逸話、ブルバキの由来、定年、数学原論、注】

家政学原論

家政学原論(かせいがくげんろん、Principles Home Economics)とは家政学の研究分野のひとつ。
【家政学原論の構成】