searching none or error

哲学

哲学(てつがく)は、語義的には「愛智」を意味する学問的活動ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』(野矢茂樹訳、岩波文庫2003年、P.51)による。
哲学者による哲学の定義、概説、語源とその意味、フィロソフィアという語、翻訳語、哲学の対象・主題、過去の哲学を扱うものとしての哲学哲学の分類、学派や立場、地域と分野、他の分類法、歴史、西...

哲学 (曖昧さ回避)

哲学
【すべての曖昧さ回避、曖昧さ回避】

哲学の概要

以下の概要は哲学の概観、あるいは哲学の話題の手引きである。:
哲学の中核的な領域、哲学の主な分野、哲学の歴史、古代哲学、西洋哲学、東洋哲学、現代哲学哲学の理論、哲学の主な学派、アナーキズム、分析哲学、大陸哲学、マルクス思想、哲学的運動、古代、中世、近代、現代、部門ごとの哲学、美学、認識論、倫理学、論理学、形而上学、社会・政治哲学、言語哲学、法哲...

言語哲学

言語哲学(げんごてつがく、英語:philosophy of language)とは、語義的に二つの意味に大別される。
【言語哲学の歴史、言語の哲学としての言語哲学、古代ギリシャ、古代ローマ〜中世初期ヨーロッパ、11世紀〜13世紀ヨーロッパ、デカルト、ライプニッツ、フンボルト、ソシュール、フッサール、分析哲学としての言語哲学、フレーゲ、ラッセルとムー...

イスラーム哲学

イスラーム哲学(イスラームてつがく、英語:Islamic philosophy)は、哲学の中でもイスラム文化圏を中心に発達した哲学である。アラビア哲学とも言われる。
【起源、特徴、イスラーム哲学の萌芽、イスラム世界へのギリシア文化の移入(翻訳時代イスラム法の解釈と哲学の発展、東方イスラーム哲学、「アラブの哲学者」キンディー、「第二の師」ファーラービ...

古代哲学

本項では「古代哲学」を列挙する。西洋哲学では、ローマ帝国におけるキリスト教の普及がヘレニズム哲学の終わりを告げ、中世哲学の開始を導く。
【古代ギリシア哲学哲学者、ソクラテス以前の哲学者、古典ギリシア哲学者、ヘレニズム哲学、ヘレニズム諸学派、古代ペルシア哲学、学派、哲学と帝国、文学、ペルシア哲学の継続、西洋文学・文化、初期ローマ・キリスト教哲学、ロ...

数学の哲学

数学の哲学(すうがくのてつがく)は、哲学(科学哲学)の一分野で、数学を条件付けている哲学的前提や哲学的基礎、そして数学の哲学的意味を研究するものである。数理哲学とも言われる。
【テーマ、数学の哲学の歴史概略、20世紀における数学の哲学、現代の学派、数学的実在論、プラトニズム、論理主義、経験主義、形式主義、直観主義、構成主義、フィクショナリズム、身体...

哲学

哲学史(てつがくし)は、哲学の歴史、およびその研究のこと。
哲学史としてのヨーロッパ哲学史、哲学としての世界の哲学と思想、哲学史家】

科学哲学

科学哲学(かがくてつがく)とは、科学を対象とする哲学的な考察のことである百科事典【科学哲学】黒崎宏] 執筆]『岩波 哲学・思想事典』【科学哲学
【概説、歴史、下位区分、研究対象による下位区分、視点による下位区分、立場、トピック、学会、国際、海外、日本、関連人物、一覧、日本人、関連文献(Further reading)】