searching none or error

地名

地名(ちめい)とは、一般的には、特定の地点や区域に対して付けられる固有の名称である。しかし厳密には、3次元座標を特定し得る地表を有する天体の、人間が認識可能な特定箇所に対して付けられる固有の名称である。
地名の対象、地名の構成と言語、日本の地名に多い字、地名の由来、地形や土地の特徴、人名、人間集団と組織、施設・団体、地名、方角・位置、瑞祥・宣伝、...

角川日本地名大辞典

『角川日本地名大辞典』(かどかわにほんちめいだいじてん)は、角川書店の出版による日本の地名辞典である。
【書籍版、CD-ROM / DVD-ROM版、オンライン版】

合成地名

合成地名(ごうせいちめい)とは、2つ以上の地名から、その一部を取り合わせて作った新地名のことである西脇 健治郎、1982年、「輪中地帯-もう1つの0mの地名遺産」、P15。

日本歴史地名大系

『日本歴史地名大系』(にほんれきしちめいたいけい)は平凡社出版の地名辞典。47都道府県と京都市の48巻、索引2巻の都合50巻から成る。
【沿革、構成、各巻】

名古屋市の地名

*
地名の変遷 (1889年~1937年名古屋市制当初の地名、明治期に編入した大字・町名、1907年までの町名設置、行政区の設置、中区、東区、西区、南区、行政区設置から1937年までの町名・大字設置、千種区、その後の町名設置、北区、中村区、旧・中区、栄区、中区(栄区合区後昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、守山区、緑区、名東区、天白区、参考資料】

難読地名

難読地名(なんどくちめい)とは、通常の読みをしないために読みにくくなっている地名のこと。
【概説、日本語の難読地名、難読地名となりやすい例、あまり知られていない文字が使われている場合、文字の読み方が一般的な読み方と異なる場合、通常の音訓にない読み方となっている例、音訓が変化している例、表記と読みが本来無関係な例、日本語以外の地名に漢字が当てられた例...

瑞祥地名

瑞祥地名(ずいしょうちめい)は、地名を命名法・由来などをもとに分類した地名種類の一種である。めでたい意味の言葉をそのまま使ったり、良い意味の言葉から創作された地名のことである。
【日本、歴史、瑞祥地名の例、自治体名、北海道・東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州、その他の地名、かつて自治体名として存在したもの、日本国外、韓国、北朝鮮】

地名に由来する小惑星の一覧

地名に由来する小惑星の一覧(ちめいにゆらいするしょうわくせいのいちらん)では、命名の由来が地名であるものを、現在の国ごとに分けて列記する。
【アジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸、アフリカ、オセアニア、複数大陸・その他】

宇宙世紀の施設と地名

宇宙世紀の施設と地名(うちゅうせいきのしせつとちめい)では、ガンダムシリーズのうち宇宙世紀を舞台とした作品に登場する施設と地名について記述する。
【地球、アジア、カーシー、日本、ニューホンコン、香港、ラサ、ヨーロッパ、アーティ・ジブラルタル、ウーイッグ、オデッサ、ダブリン、チェコスロバキア、ベルファスト、ポイント・カサレリア、ロンドン、バイコヌール...