地理

地理(ちり、英: Geography)
地理学、科目、「地理」で学ぶ範囲、小学校、中学校地理的分野、高等学校地理A・B、大学入試における地理

地理座標系

地理座標系(ちりざひょうけい)とは、地球および天体上の地点を表すための座標系である。
【緯度と経度、ユニバーサル横メルカトル図法とユニバーサル極平射図法、立体射影座標系、測地高度、デカルト座標系、地球の形、長さの単位としての経緯度の表現、測地系、静止衛星】

地理

地理学(ちりがく)は、空間ならびに自然と、経済・社会・文化等との関係を対象とする学問の分野。地域や空間、場所、自然環境という物理的存在を対象の中に含むことから、人文科学、社会科学、自然科学のいずれの性格も有する。自然地理学は地球科学の一分野でもある。広範な領域を網羅することから、「地理学と哲学は諸科学の母」と称される法政大学文学部地理学科法政大学文学部地理...

地理学者

地理学者(ちりがくしゃ)とは、学問としての地理学を専門に研究・調査・教育活動などを行っている人物。現代に至るまで時代を問わず世界中に存在している。
地理学者の類型、地理学者が登場する作品】

地理 (科目)

本項では科目としての地理について解説を行う。
【「地理」で学ぶ範囲、小学校、中学校地理的分野、高等学校地理地理A、地理B、大学入試における地理

地理教育

地理教育(ちりきょういく、Geography education)とは、地理に関連する教育活動・内容の総称である。
【日本での地理教育、初等教育、前期中等教育、後期中等教育、各国における地理教育、歴史、戦前までの日本の地理教育、戦後日本の地理教育、理論および実践、地理教育論、地誌学習、課題、教員養成に関する課題、小学校、中学校、高等学校】

地理歴史

地理歴史(ちりれきし)は、日本の学校教育における教科の一つ。地歴(ちれき)と省略して呼ばれることもある。
【科目、地理歴史科の背景、大学受験での扱い、必修科目未履修問題、日本史の必修化】

日本の地理

日本の地理(にっぽんのちり)では、日本の地理についての概略を記す。
【概略、位置、面積、人口、地勢、最低点と最高点、河川と湖、土地利用、灌漑面積、海、天然資源・主な産出物、気候、自然、環境、交通、主要な島と特徴的な地形、北海道、本州、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国地方、四国、九州、南西諸島、伊豆・小笠原諸島】

地理情報システム

地理情報システム(ちりじょうほうシステム、英語:geographic information system、略称:GIS)とは、地理情報および付加情報をコンピュータ上で作成・保存・利用・管理・表示・検索するシステムを言う。
【歴史、日本、データ、データ形式、ラスターデータ、ベクターデータ、測地系、クリアリングハウス、主な機能、地図の表示、図形の作成...

日本の地理・世界の地理

『日本の地理・世界の地理』(にほんのちり・せかいのちり)は、1960年4月6日から1972年3月14日までNHK教育テレビで放送されていた中学生向けの学校放送(教科:社会科)である。1960年7月20日まではNHK総合テレビでも放送されていた。
【放送時間、出演者、放送リスト、1960年度、1961年度、1962年度、1963年度、1964年度、1...