searching none or error

(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防御拠点として設けられた建築物。戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の備蓄場所でもある。主要なは指揮官の住居であり、政治や情報の拠点であった。純防衛用として山地に建築されることも多いが、街道や河川などの交通の要衝を抑え利用することも多い。郭ともいう。戦いや戦に応じて、元からあるの中心から離して作られたの事を出...

(曖昧さ回避)

(しろ、じょう、き、ぐすく)

コンスタンティノープルの陥落
【目的、攻戦の手法、包囲、開交渉、強攻、の破壊、兵の損傷、内応、奇襲、奇策、撹乱、防側(防戦)の手法、攻兵の損傷、挑発・戦意高揚・攻側への戦意喪失、奇襲・奇策・撹乱、救援軍、中世欧州における攻戦、中世欧州の攻兵器、包囲戦一覧、外国の主な攻戦、日本の主な攻戦、日本三大水攻め】

日本の

日本の(にっぽんのしろ・にほんのしろ)では、日本国内に築かれたについて解説する。アイヌのチャシや沖縄県および鹿児島県の奄美群島にあったグスクについても一部解説する。
【「しろ」の語源、歴史、古代まで、中世、平安時代後期・鎌倉期の、戦国時代の、近世、江戸時代、幕末、近代以降、郭建築保存運動、昭和期の現存建築の損失、復興と復元、1954年 -...

復元された
【日本海側の柵、太平洋側の柵、柵の役割、柵の景観、主な柵一覧】

妃美伶

東京都杉並区
【来歴、人物、主な舞台、初舞台公演、組廻り、星組時代、花組時代、出演イベント、受賞歴】

番(じょうばん)は、戦国時代から江戸時代に掛けての守衛にあたった兵士、及び江戸幕府の下で代を補佐した役職。門番頭、番手衆、在番衆とも呼ぶ。
【江戸幕府の番、代補佐としての番、番士としての番】

(はいじょう)とは、として使われなくなること。また、そののこと。
【日本における廃

里町

【地形、隣接している自治体、歴史、沿革、里町発足前、里町発足後、行政区域変遷、人口、行政、町議会、広域行政、衆議院、県議会、地域、教育、郵便局、交通、バス、道路、金融機関、町章をめぐる問題、出身有名人、交流都市】

熊本

【熊本の管理者、歴史・沿革、千葉・隈本時代、熊本時代、明治年間、大正から昭和年間、平成年間、熊本地震、構造、石垣、天守、櫓、五階櫓、三階櫓、遺構、下町、特記事項、加藤氏にかかわる話、焼失の原因、現地情報、交通、熊本400年祭、一口主、域一帯の施設、熊本を取り扱った作品、関連人物、脚注・出典】