searching none or error

宗教

[of religious populations世界の主な宗教及び宗派]の地図
宗教の広がり、語源、定義、リューバによる定義の分類、そのほかの定義、宗教の歴史、宗教の表現形式、宗教の大分類、各国の宗教概況、一覧、世界での主な宗教問題、日本の主な宗教問題】

宗教改革

【時代背景、先駆的運動、宗教改革の経過、贖宥状の発売、ドイツの宗教改革、ルターの宗教改革、騎士戦争、ドイツ農民戦争、シュマルカルデン戦争、スイスの宗教改革、ツヴィングリの宗教改革、カルヴァンの宗教改革、イングランドの宗教改革、スコットランドの宗教改革、フランスの宗教改革、スウェーデンの宗教改革、デンマーク=ノルウェーの宗教改革、ローマ・カトリック教会側の反...

宗教

宗教(しんしゅうきょう)とは、伝統宗教と比べて比較的成立時期が新しい宗教のこと。国ごとに言葉の意味や捉え方が異なる。
【概説、形態、言及、宗教学者、神道系、国家神道系、教派神道系、純教祖系、山岳信仰系、禊系、儒教系、復古神道系、大本系、世界救世教系、真光系、生長の家系、天理教系、その他神道系、仏教系、法華系、日蓮宗系、霊友会系、日蓮正宗系、天台宗...

宗教法人

宗教法人(しゅうきょうほうじん)とは、宗教者と信者でつくる、法人格を取得した宗教団体の事である。
【概説、法人格の付与、所轄する官庁、法人の役員、事業活動、統計上の分類、単位宗教法人と包括宗教法人、問題点、活動実態不明の宗教法人の急増、政教分離原則、宗教法人の課税の仕組み及び問題点、備考】

宗教哲学

宗教哲学(しゅうきょうてつがく、英語:philosophy of religion)とは、宗教の存在意義や本質を究明する哲学の一分野である。18世紀末ごろにヨーロッパにおいて成立した。特定宗教の信仰内容を学問的に基礎づけることを目的とする神学や、もろもろの宗教現象を学際的な方法によって実証的に研究する宗教学とも異なり、宗教一般の本質ないし、あるべき姿を探求...

宗教

宗教家(しゅうきょうか)は、特定の宗教に深く通じ、その研究や普及活動に従事する者

宗教教育

宗教教育(しゅうきょうきょういく)とは広義には一般的な宗教の教義、儀式、習慣、概念、歴史などを教授すること。狭義には特定の宗教、信仰を持たせるような教育のこと。アメリカ合衆国やヨーロッパではしばしば親による子への宗教教育の是非が議論となるが、通常、宗教教育の議論の中心は公的な教育機関における宗教の取り扱いである。ユネスコが1960年に採択した教育における差...

宗教政党

宗教政党(しゅうきょうせいとう)とは、宗教を基調とする政党のこと。
【世界における宗教政党、日本における宗教政党、現在活動中の宗教政党、過去にあった宗教政党、宗教政党に類似するもの、宗教政党一覧、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、ユダヤ教、神道、新宗教

宗教社会学

宗教社会学(しゅうきょうしゃかいがく)とは、宗教学及び社会学の研究分野の一つ。方法論としては、宗教学的な立場から社会を読み解く「宗教学的宗教社会学」と、社会学者が宗教を理論的に解明しようとする「社会学的宗教社会学」の二つがある(しかし、海外にはこれに相当する区分けがあまり見られないとする見方もある)。

宗教学者

宗教学者(しゅうきょうがくしゃ)とは、宗教学を専攻する研究者である。
【学説史に残る宗教学者、欧米:19世紀、欧米:20世紀前半、欧米:20世紀後半、日本:20世紀前半、日本:20世紀後半、現在の著名な宗教学者(日本あ、か、さ、た、な、は、ま、や】