数学の哲学

数学の哲学(すうがくのてつがく)は、哲学(科学哲学)の一分野で、数学を条件付けている哲学的前提や哲学的基礎、そして数学の哲学的意味を研究するものである。数理哲学とも言われる。
【テーマ、数学の哲学の歴史概略、20世紀における数学の哲学、現代の学派、数学的実在論、プラトニズム、論理主義、経験主義、形式主義、直観主義、構成主義、フィクショナリズム、身体...

数学基礎

数学基礎論(すうがくきそろん、英語:)は、数学の一分野。他の分野が整数・実数・図形・関数などを取り扱うのに対し、数学自体を対象とする。
【歴史、影響】

数学II

数学II(すうがくに)は高等学校数学科の科目の一つである。数学Iと共に1956年の学習指導要領で登場して以来、幾度か大きな内容の変更が行われ、名称も何度か変更された科目である。本稿ではこの科目の内容の変遷を、補足的に他の数学科の科目にも触れつつ説明する。なお、当時の用語の一部は現在なじみの深い用語に直している。
数学IIの登場、数学IIA・数学I...

NHK高校講座 数学基礎

数学基礎(すうがくきそ)は、2003年4月から2013年3月までNHKで放送されていた『NHK高校講座』授業放送。
【ラジオ講座、テレビ講座、放送時間、出演者、放送履歴、2006年度 - 2009年度、2010年度 - 2012年度、スタッフ、関連書籍】

群 (数学)

数学における群(ぐん)とは最も基本的と見なされる代数的構造の一つである。群はそれ自体興味深い考察対象であり、群論における主要な研究対象となっているが、数学や物理学全般にわたってさまざまな構成に対する基礎的な枠組みを与えている。
【概略、定義、具体的な群、基本的な概念、位数、部分群、剰余類・剰余群、群の準同型・同型、共役、中心・中心化群・正規化群、可...

NHK高校講座

『NHK高校講座』
【放送時間、特記事項、現在の出演者(講師を除く国語表現、国語総合、ベーシック国語、世界史、日本史、地理、数学I、ベーシック数学、大人のピタゴラスイッチ、科学と人間生活、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎、ベーシックサイエンス、美術I、書道I、コミュニケーション英語I、英語表現I、ベーシック英語、家庭総合、社会と情報、ビジネス...

数学的直観主義

数学的直観主義(すうがくてきちょっかんしゅぎ)とは、数学基礎数学者の直観におく立場のことを指す。
【来歴と評価、逸話、関連文献】

量子力学の数学基礎

量子力学の数学基礎(りょうしりきがくのすうがくてききそ)は、ジョン・フォン・ノイマンによってなされた、量子力学で扱う物理量や状態といった概念の基礎付け(形式化)の仕事、およびそれについて1932年に刊行した論文および書籍のタイトルである。

0

文字 0 によって表されるものは、何もないことに対応する基数(自然数0 を自然数に含めるかどうかは数学者の間でも統一されておらず、初等数論では含めないことが多いが、集合論や数学基礎論では含めることが多い。また日本の高等学校までの教育においては、自然数に含まれないとされている。
【数としての 0、数字としての 0、数字の 0 とアルファベットの O ...

数理論理学

数理論理学)は、論理学(形式論理学)の数学への応用の探求ないしは論理学の数学的な解析を主たる目的とする、数学の関連分野である。局所的には数理論理学は超数学数学基礎論、理論計算機科学などと密接に関係している。Undergraduate texts include Boolos、 Burgess、 and Jeffrey 、 Enderton 、 and M...