searching none or error

日本語

日本国語大辞典(小学館)の日本語の項によれば、ニホンゴ° (まれ)日本国語大辞典(小学館)の日本語の項によれば、ニッポンゴ°
【特徴、分布、系統、音韻、音韻体系、母音体系、子音体系、その他の記号、アクセント、文法、文の構造、題述構造、主語廃止論、文の成分、種類とその役割、主語・述語、連用修飾語、連体修飾語、接続語、独立語、並立語、目的語と補語、対象...

日本語教育

日本語教育(にほんごきょういく)とは、外国語としての日本語、第二言語としての日本語についての教育の総称である。
日本語教師、日本語教育の歴史、幕末まで、日本国内、日本国外、明治以降第二次世界大戦まで、第二次世界大戦後以降、日本国内における日本語教育、日本国外における日本語教育、国語教育との違い、日本語教育文法、教授法】

日本語の方言

日本語の方言(にほんごのほうげんすなわち日本語の地域変種(地域方言)について記述する。
【「言語」と「方言」、方言の分布、区分、東日本方言、八丈方言、西日本方言、九州方言、琉球列島、特殊な方言、第3の言語、全国方言概観、音韻・音声、裏日本的音韻、西南日本的音韻、母音の無声化・脱落、濁音化と鼻音化、古音の残存、特殊拍の性格、連母音融合・開合の区別、琉...

日本語訳聖書

日本語訳聖書(にほんごやくせいしょ)は、キリスト教などの聖典である聖書を日本語に翻訳したものである。聖書の日本語訳は、16世紀半ばのキリスト教伝来時から各教派により行われ、近現代には聖書学者らによる個人訳なども多数公刊されている。
【キリスト教伝来から19世紀初頭まで、プロテスタントによる聖書和訳、ギュツラフ及び初期の翻訳、ヘボンによる聖書和訳事業...

日本語の表記体系

日本語の表記体系(にほんごのひょうきたいけい)では、日本語の文章等を文字によって表記するための系統的な方法について解説する。本項目では現代日本語の表記体系とその歴史を扱っている。日本語の概略に関しては日本語を参照。
【文字種の使い分け、漢字が使われる事例、ひらがなが使われる事例、カタカナが使われる事例、ローマ字が使われる事例、例外、文字種の意図的な...

日本語学者

日本語学者(にほんごがくしゃ)とは、日本語学を専攻する研究者のこと。国語学を専攻する研究者は「国語学者」と呼ばれるが、本記事では区別せず掲げる。
【一覧、あ行、か行、さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、ら行、わ行、隣接分野の人物】

日本語の方言のアクセント

日本語の方言のアクセント概観
【全国のアクセント概観、東京式アクセント、京阪式アクセント、垂井式、讃岐式、真鍋島式、伊吹島アクセント、準京阪式の諸アクセント、西南九州二型式、一型式アクセント、曖昧アクセント、無アクセント、隠岐のアクセント、三国式アクセント、奈良田・埼玉東部アクセント、青森などのアクセント、琉球方言のアクセント、アクセントの類型、歴...

日本語

日本語学(にほんごがく)とは、日本語を研究の対象とする学問である。
【歴史、日本語学と国語学】

日本語の方言の比較表

日本語の方言の比較表(にほんごのほうげんひかくひょう)は、様々な地域の日本語の方言の特徴を比較した表である。
【近畿から関東にかけて(東海道近畿から関東にかけて(中山道・甲州街道近畿から東北・北海道にかけて(北陸道関東から東北にかけて(奥州街道近畿から中国にかけて(山陽道近畿から中国にかけて(山陰道近畿から南紀・四国にかけて(南海道九州(西海道音韻...

日本語入力システム

日本語入力システムはインプットメソッドのうち、特にパソコンやワープロ、携帯電話などに日本語を入力するためのものを指す。キー入力をソフトウェアで制御して実現するものが一般的であるが、ポインティングデバイスを利用して手書き入力した漢字混じりの文を変換するものも存在する。特にキーボードでかなを入力した後に漢字交じり文へ変換するものをかな漢字変換と呼ぶ。
...