民主主義

民主主義(みんしゅしゅぎ、デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動民主主義(デジタル大辞林、ブリタニカ国際大百科事典、大辞林 第三版)。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。
【用語、デモクラシー、「民主」という...

社会民主主義

社会民主主義(しゃかいみんしゅしゅぎ)とは、社会主義思想、民主主義思想の一つであり、自由民主主義社会における中道左派思想の一つである。政治的目的としては、自由競争市場経済や資本主義経済により発生する、労働者の貧困、失業などの問題を議会や政府の管理と介入により軽減・解決し、実質・実態としての政治的・経済的・社会的な公正や機会平等、人権保護、環境保護、国際協調...

民主主義的社会主義運動

民主主義的社会主義運動(みんしゅしゅぎてきしゃかいしゅぎうんどう、MDS)は これ、旧ソ連派の流れをくむ、日本における構造改革派の新左翼党派の一つである。関連する共同戦線団体として「平和と民主主義をめざす全国交歓会(全交)」が有る。
【綱領、活動の実態と主張、規約、書誌情報】

民主主義指数

【政治体制別の民主主義指数、地域別の民主主義指数、国・地域別の民主主義指数 】

民主主義科学者協会

民主主義科学者協会(みんしゅしゅぎかがくしゃきょうかい)は、日本の進歩的な自然科学者・社会科学者・人文学者の左派系協会。民主主義科学の発展をはかることを目的としている。略称は民科(みんか)。
【解体過程、各部会活動の継続と転換、1950年代以前に出版された主な刊行物、関連人物】

間接民主主義

間接民主主義(かんせつみんしゅしゅぎ間接民主制(かんせつみんしゅせいまたは代表民主主義(だいひょうみんしゅしゅぎ代表民主制(だいひょうみんしゅせい)とは、民主主義の分類または制度のひとつで、構成員が選挙などの一定の方法で代表者を選出し、その代表者が議会などで決定を行うこと間接民主制 - 大辞林、デジタル大辞林、日本大百科全書。代議制民主主義、代議制民主制、...

非自由主義的民主主義

非自由主義的民主主義(ひじゆうしゅぎてきみんしゅしゅぎ)とは、擬似民主主義、部分的民主主義、低度民主主義、空の民主主義、組み合わせ体制、権限委譲民主主義などとも呼ばれJuan Carlos Calleros、 Calleros-Alarcó、The Unifinished Transition to Democracy in Latin America、 ...

戦う民主主義

戦う民主主義(たたかうみんしゅしゅぎ、 、戦闘的/防衛的民主主義)とはドイツなどヨーロッパに見られる民主主義の理念のひとつ。一般に民主主義を否定する自由・権利までは認めない民主主義と考えられている。
【各国の例、ドイツ、ポーランド、イタリア、欧州評議会、日本】

ブルジョア民主主義

ブルジョア民主主義(ブルジョアみんしゅしゅぎ)とは、ブルジョワによる民主主義を指す用語。主に社会主義や共産主義などの立場から、自由主義(資本主義)社会の議会制民主主義に対して批判的な意味を持って使用されているブルジョア民主主義 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、百科事典マイペディア、大辞林 第三版。類似用語は自由民主主義など。対比用語はプロレタリア...