searching none or error

温泉

温泉(おんせん)は、地中から湯が湧き出す現象や湯となっている状態、またはその場所を示す用語である。その熱水泉を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「天然温泉」と呼ぶ場合もある。
温泉の成り立ち、日本の温泉、歴史、温泉と医療、温泉と健康、温泉とレジャー、湯の花の採取、食品加工などへの利用例、温泉泥の利用、硫化水素の危険性、提供形...

温泉 (曖昧さ回避)

温泉(おんせん)

温泉

温泉街(おんせんがい、おんせんまち)は日本に於ける温泉の宿泊施設や温浴施設などが立ち並ぶ町並み。飲食店や土産物店、遊戯店、また、日常の生活に必要な商店などが存在する。宿泊客は浴衣で町並みを散策することも多い。温泉場(おんせんば)とほぼ同義。この温泉場は近年、温泉ホテルの影響を受けている。
温泉街の形成条件、楽しみ方、温泉街をめぐる問題点、日本の温...

温泉

温泉卵(おんせんたまご)は、卵黄部分は半熟、卵白部分は半凝固状態に茹でた鶏卵。一部では温度卵(おんどたまご)とも呼ばれる。また、温泉の湯や蒸気を利用して、鶏卵を茹でたり蒸したりしたゆで卵は、その状態(半熟であるか否か)にかかわらず温泉卵と呼ばれる。生卵は握ると割れないが温泉卵は割れる。
温泉地の温泉卵、ラジウム玉子、荒湯の温泉卵、雲仙地獄たまご、...

温泉宿

温泉宿(おんせんやど)は、温泉入浴を目的とする宿である。一般的に風呂に温泉を引いている宿泊施設を指すと認識されているが、必ずしも宿泊施設内に温泉入浴施設が併設されているとは限らない。

温泉入浴指導員

温泉入浴指導員(おんせんにゅうよくしどういん)は、財団法人日本健康開発財団が実施する講習の受講により資格を取得した者。温泉入浴者に対する、温泉を利用した健康増進プログラムの指導や、温泉施設の安全管理などを行う。
温泉入浴指導員の役割、制度概要】

温泉マーク

温泉マーク(おんせんマーク)または温泉記号とは、地図(地形図を含む)において温泉・鉱泉の位置を示す地図記号である。またそれが拡張されて公衆浴場施設を示す記号にも用いられる。
【地形図での表示、様式の変遷、起源、磯部温泉発祥説、ドイツ起源説、その他、このマークを使って作られたマーク、符号位置】

温泉番付

温泉番付(おんせんばんづけ)とは、温泉地を大相撲の番付に見立てて格付けしたものである。
【諸国温泉功能鑑、ギャラリー】

温泉関連の文化財一覧

温泉関連の文化財一覧(おんせんかんれんのぶんかざいいちらん)は、重要文化財や登録有形文化財等の文化財として登録・指定されている温泉旅館、入浴施設などの温泉に関連する事物の一覧。なお、本項における文化財とは、日本の文化財保護法に定める文化財、及び、これに準じて地方公共団体が定める文化財、並びに、世界遺産条約に基づき世界遺産リストに登録された文化財を指す。

温泉

温泉法(おんせんほう、公布:昭和23年7月10日法律125号、最終改正:平成19年11月30日法律第121号)は、温泉の保護等を定めた日本の法律である。
【目的、内容、温泉の定義、構成】