刑罰

刑罰(けいばつ)とは、形式的には、犯罪に対する法的効果として、国家および地方自治体によって犯罪をおかした者に科せられる一定の法益の剥奪をいい、その実質的意義は犯罪に対する国家的応報であるとともに、一般予防と特別予防をも目的とする「刑法総論講義 第二版」 川端博 成文堂 665頁 。広い意味では犯罪行為に科されるもの「刑法総論講義 第4版」 前田雅英 東京大...

犯罪

犯罪(はんざい)とは、一般には、法によって禁じられ刑罰が科される事実・行為。刑法学上は犯罪を「構成要件に該当し違法かつ有責な行為」と定義する。残忍かつ凶悪極まりない犯罪を凶悪犯罪(きょうあくはんざい)と称する。また、犯罪について帰責され刑罰の対象となる者は、犯罪者(犯人)と呼ぶ。近代法以前は咎人(とがにん)と呼んでいた。
犯罪論の体系と犯罪の定義...

犯罪予告

犯罪予告(はんざいよこく)とは法に触れる行為を行うと予告することで構成される。場所・日時などを特定した爆破予告や、個人名などを名指しした上での殺害予告など。
犯罪予告と刑罰、日本における犯罪予告の歴史、インターネット普及以前、インターネット普及後、ウィキペディア上での犯罪予告、その他の有名な事例】

刑事法

刑事法(けいじほう)とは、犯罪刑罰に関する法規範の総称又は法分野。民事法と対置される概念。
【刑事法の分類】

刑法 (日本)

刑法(けいほう、明治40年法律第45号)は、犯罪に関する総則規定および個別の犯罪の成立要件やこれに対する刑罰を定める日本の法律。明治40年(1907年)4月24日に公布、明治41年(1908年)10月1日に施行された。
【第1編「総則」、適用範囲、場所的適用範囲、時間的適用範囲、人的適用範囲、刑罰犯罪の不成立、刑の減免、未遂罪、罪数・累犯、共犯、...

前科

前科(ぜんか)とは、過去に懲役・禁錮・罰金の刑罰(または執行猶予)を受けたことがある経歴をいうが、法律上の定義はないため、以下のようにいくつかの異なる意味で用いられる。
【刑の言渡しの効力の消滅、犯罪人名簿、犯罪人名簿の根拠規定、犯罪人名簿の作成、犯罪人名簿の記載対象、犯罪人名簿の取扱い、犯罪人名簿からの削除、検察庁による犯歴管理、警察庁による犯罪...

特別刑法

特別刑法(とくべつけいほう)とは、犯罪およびそれに対する刑罰を規定する法律であって、刑法(刑法典)以外のものをいう。本来は犯罪刑罰を主眼として規定する法律以外であっても、その罰則規定として刑事罰が規定されている場合には、その部分を特別刑法に含めて理解することがある。
【日本における特別刑法、代表的な例】

中華人民共和国刑法

中華人民共和国刑法(ちゅうかじんみんきょうわこくけいほう)とは、中華人民共和国の刑法典である。以下、単に条文番号を記載する場合、中華人民共和国刑法の条文を指す。
【罪刑法定主義、場所的適用範囲、刑事責任、故意犯処罰の原則、刑事責任年齢、精神病患者等の行為、正当防衛・緊急避難、予備・未遂・中止、共同犯罪、単位犯罪刑罰、主刑、付加刑、各則】

刑法

刑法(けいほう)とは、犯罪とそれに対する刑罰の関係を規律する法である。
【刑法の法的性質、刑法の法源、成文法、不文法、刑法の種類、刑事刑法、行政刑法、刑法の機能、刑法の歴史】