神道

神道(しんとう)は、日本の宗教。山や川などの自然や自然現象、また神話に残る祖霊たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、それらに八百万の神を見いだす多神教。自然と神とは一体的に認識され、神と人間とを取り結ぶ具体的作法が祭祀であり、その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされた岡田荘司 2010年 p.22-23。
【分類、由来と教義、神道における「神」...

教派神道

教派神道(きょうはしんとう)とは神道十三派(しんとうじゅうさんぱ)に代表される神道系新宗教教団のことである。幕末期に起こり、明治時代に教派として公認された14の神道系教団を指す(のちに1団体が離脱し13団体となる)。
【教派神道の制度の成立、祭政一致の形成、教務省と教導職、大教院、神道事務局、神宮遥拝殿と祭神論争、祭教分離―教導職の廃止と教派独立の...

神道用語一覧

神道用語一覧は、神道の専門用語、および、神道と関連する一般用語の一覧である。
【あ行、あ、い、う、え、お、か行、か、き、く、け、こ、さ行、さ、し、す、せ、そ、た行、た、ち、つ、て、と、な行、な、に、ぬ、ね、の、は行、は、ひ、ふ、へ、ほ、ま行、ま、み、む、め、も、や行、や、ゆ、よ、ら行、ら、り、る、れ、ろ、わ行、わ】

国家神道

【「国家神道」の語の用例、歴史、近世との関係、神道事務局 祭神論争、朝鮮神宮 祭神論争、国家神道の終焉、非宗教説・宗教説と教義、非宗教説、宗教説、主な政策及び制度、神仏分離、神社合祀政策、民間信仰禁止政策、社格制度、宣教、人物の顕彰のための神社造営、靖國神社・護国神社、神社の法的性格、外地の神社造営、天皇の神格性と「現人神」、年表】

神 (神道)

神道における神(かみ)とは、自然現象などの信仰や畏怖の対象である。「八百万の神」(やおよろずのかみ)と言う場合の「八百万」(やおよろず)は、数が多いことの例えである。
【側面、自然物や自然現象を神格化した神、思考・災いといった抽象的なものを神格化した観念神、古代の指導者・有力者の神格化、万物の創造主、万物の創造主・主宰者としての全能の天皇、王権神授...

祭祀 (神道)

神道の祭祀(さいし)・お祭りは、伊勢神宮と属する諸々の神社で行われ、天下泰平、五穀豊穣、皇室の安泰、万民の平安が祈られる。年に一度の大祭である例祭、新年元旦の歳旦祭、春の祈年祭、秋には豊穣に感謝する新嘗祭(にいなめさい節供(せっく)には七夕、重陽(ちょうよう)のお祭りなど、さらに細かなものを含めれば年間を通して数多く行われている。大きなものを中心に少々解説...

神道天行居

神道天行居(しんどうてんこうきょ)は、友清歓真(ともきよ よしさね)によって創始された古神道系の新宗教団体。秘密結社に分類される事もある。本部は、山口県熊毛郡田布施町の石城山の麓。現在でもユダヤ陰謀論を信じ、「霊的国防」を唱えている。
【先達、教義・教理(神道霊学神典・経典、先達、教義・教理(神道霊学経典、歴史、終戦時の軍旗秘匿、霊的国防、太古神法...

神道大教

神道大教(しんとうたいきょう)は、教派神道の一つ。
【沿革、歴代管長、國學院大學と神道大教、所在地】

神道政治連盟

神道政治連盟(しんとうせいじれんめい)は、日本の国民運動団体神政連とは?、神道政治連盟公式サイト。
【綱領、選挙応援、批判、組織、関係団体、神道政治連盟国会議員懇談会、活動、質疑応答、所属議員】

神道修成派

神道修成派(しんとうしゅうせいは)は、東京都杉並区松庵に法人本部(教庁)を置く教派神道で、神道十三派の一つ。
【文献、教典、附録、二大聖地、大元祠、歴史、歴代管長、祭事、年間祭事】