科学哲学

科学哲学(かがくてつがく)とは、科学を対象とする哲学的な考察のことである百科事典【科学哲学】黒崎宏] 執筆]『岩波 哲学・思想事典』【科学哲学
【概説、歴史、下位区分、研究対象による下位区分、視点による下位区分、立場、トピック、学会、国際、海外、日本、関連人物、一覧、日本人、関連文献(Further reading)】

自然の斉一性

自然の斉一性原理(しぜんのせいいつせいげんり、 principle of the uniformity of nature)または単に斉一性原理とは、科学哲学の世界で用いられる言葉で「自然界で起きる出来事は全くデタラメに生起するわけではなく、何らかの秩序があり、同じような条件のもとでは、同じ現象がくりかえされるはずだ」という仮定戸田山和久 『科学哲学の冒険...

論理実証主義

論理実証主義(ろんりじっしょうしゅぎ)とは、20世紀前半の哲学史の中で、特に科学哲学、言語哲学において重要な役割を果たした思想ないし運動。論理経験主義、科学経験主義とも言う。
【歴史、解説、ドイツの論理実証主義、基本的な教義、影響、批判、カール・ポパーの批判、アルフレド・エイヤーの擁護、ヒラリー・パトナムの反論、クワイン及びクーンの反論、哲学におけ...

現象

現象(げんしょう - phainomenon、 pl.- phainomena)とは、次のようにいくつかの意味で用いられている。
【現象の位置づけの歴史、認識論や科学哲学と現象、現象の具体例、物理学や化学で研究されている現象の例、化学現象の例、生物学・医学などで扱われる現象の例、社会科学、気象学・地震学 等、工学、超心理学、他】

エルンスト・マッハ

【生涯、年譜、業績、物理学、科学史・科学哲学、心理学・生理学、影響、ウィーン学団への影響、レーニンの批判、著書、邦訳書】

カール・ポパー

ウィーン
【生涯、思想、批判、科学哲学に関する批判、帰納の問題、他の批判、邦訳著書、単著、共著、カール・ポパーの影響を受けた人物】

反証可能性

反証可能性(はんしょうかのうせい)とは、科学哲学で使われる用語で、検証されようとしている仮説が実験や観察によって反証される可能性があることを意味する。
【意味、反証可能性と仮説、原始命題、主要仮説 と補助仮説 、アドホックな仮説、反証可能性の判定の困難さ、反証可能性と疑似科学

実証主義

実証主義(じっしょうしゅぎ)は、狭い意味では実証主義を初めて標榜したコント自身の哲学を指し、広い意味では、経験的事実に基づいて理論や仮説、命題を検証し、超越的なものの存在を否定しようとする立場である。
【意味と背景、哲学における実証主義、科学哲学における実証主義、歴史学における実証主義、法学における実証主義】

物理学の哲学

物理学の哲学(ぶつりがくのてつがく、英語:philosophy of physics)は、近代物理学の基礎的、哲学的な問題を扱う科学哲学の一分野である。主なトピックとしては以下のようなものがある。

検証と反証の非対称性

検証と反証の非対称性(けんしょうとはんしょうのひたいしょうせい、asymmetry of verification and falsification )とは、ポパーが用いた科学哲学上の用語であり、反証主義(あるいは批判的合理主義)の核に位置する概念である。
【概説、経緯】