searching none or error

自由

自由(じゆう)とは、他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うことをいう。哲学用語。
【「Freedom」と「Liberty」、日本語訳について、自由主義、近現代における自由、哲学、東洋における自由、さまざまな自由

自由 (曖昧さ回避)

自由(じゆう)
【楽曲、雑誌】

自由主義

自由主義(じゆうしゅぎ、リベラリズム)とは、国家や集団や権威などによる統制に対し、個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つとする思想・体制・傾向などを指す用語自由主義 - 日本大百科全書。
【用語、種類、古典的自由主義、近代自由主義、歴史的起源とその展開、近代自由主義の成立とその後、議論】

自由主義神学

自由主義神学(じゆうしゅぎしんがく、リベラル、リベラリズム)は、キリスト教のプロテスタントの神学的立場の一つ。その発生以来、プロテスタント教会の主流エキュメニカル派の多くが採用する立場。
自由主義神学の特徴、教派と神学者、自由主義神学に立つ教派・グループ、自由主義神学に立つ主な神学者、自由主義神学に立たない教派・グループ、歴史、18世紀:折衷的「...

自由貿易

自由貿易(じゆうぼうえき、free trade)は、関税など国家の介入、干渉を排して生産者や商人が自由に行う貿易のこと。19世紀に重商主義に基づく保護貿易に対して、イギリスのアダム・スミス、デヴィッド・リカード、フランスのフランソワ・ケネーらによって唱えられた。
自由貿易の主張、歴史、学者の見解、比較劣位産業と構造的失業、食料安全保障、自由貿易協...

表現の自由

表現の自由(ひょうげんのじゆう)とは、すべての見解を検閲されたり規制されることもなく表明する権利Oxford Dictionary「freedom of speech」概説 ==
【概説、表現の自由の内容、集会・結社の自由、言論・出版の自由、知る権利、情報公開請求権、報道の自由及び取材の自由、表現の自由の制約と合憲性審査基準、二重の基準論、目的審査...

自由民権運動

自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)とは、明治時代の日本において行われた政治運動・社会運動。
【経緯、運動のはじまり、運動の高揚、私擬憲法、明治十四年政変と政党結成、激化事件と運動の衰退、運動の再燃から国会開設へ】

自由意志

自由意志(じゆういし)とは、他から束縛されず自らの責任において決定する意思『広辞苑』。言い換えれば、行為者の自由な意志のこと。
【哲学における自由意志、決定論、両立主義、古典的両立主義、現代的両立主義、非両立主義、直観による論証、因果律による論証、必然的な成り行きからの論証、形而上学的自由肯定主義、道徳的責任、固い決定論の見解、自由肯定論者の見解、...

自由主義

自由主義(しんじゆうしゅぎ)とは、政治や経済の分野で「新しい自由主義」を意味する思想や概念。日本では以下の複数の用語の日本語訳として使われているリベラリズムの多義性(川崎修) - 思想 2004年 第9号。
【用語、歴史、初期、オーストリア学派、ウォルター・リップマン会議、モンペルラン・ソサイエティー、第二次世界大戦後、シカゴ学派、ドイツとオルド...

古典的自由主義

古典的自由主義(こてんてきじゆうしゅぎ)は、個人の自由と小さな政府を強調する思想であり、伝統的自由主義Brad Stetson、 Human Dignity and Contemporary Liberalism 、 26.、レッセフェール自由主義Ian Adams、 Political Ideology Today 、 20.
【古典的自由主義の...