茶道

茶道(さどう、ちゃどう)は、日本伝統の湯を沸かし、茶を点(た)て、茶を振る舞う行為(茶の儀式)。また、それを基本とした様式と芸道。
【歴史、茶道の流派、千利休以前の諸流派、千利休と同時期の創始による流派、千道安の流れを汲む流派、千宗旦の流れを汲む流派、後代の新流派、著名な茶人、茶道の実践、茶道に関係する音楽作品、茶道の雑誌・手帳、茶道の美術館、朝鮮...

福井市愛宕坂茶道美術館

愛宕坂茶道美術館(あたござかさどうびじゅつかん)は福井県福井市の愛宕坂にある茶道をテーマとする美術館。福井市における茶道の歴史と文化の継承および振興を目的とする施設で、1999年10月に開館した。
【施設、利用情報、交通アクセス、周辺】

巾筒

巾筒(きんとう)は茶道、煎茶道で茶巾を入れる道具。「茶巾筒」。
茶道の巾筒、煎茶道の巾筒】

台子

台子・臺子(だいす)は茶道の点前に用いる茶道具で、水指など他の茶道具を置くための棚物の一種。真台子・竹台子をはじめとして様々な種類がある。一般に格式の高い茶礼で用いるものとされており、とくに真台子は献茶式などで用いられている。真台子を用いた点前は、茶道の点前の精神的・理論的根幹を成すものと考えられており、奥儀・奥伝・奥秘などと呼ばれて最後に伝授される習わし...

表千家

表千家(おもてせんけ)は、茶道流派の一つ。千利休を祖とする千家の家督を継いだ千家流茶道の本家であり、宗家は京都市上京区小川通寺之内通上るにある。
【歴史、成立、元禄から化政にかけて、明治以後、許状、歴代家元、文化財、その他】

小笠原家茶道古流

小笠原家茶道古流(おがさわらけさどうこりゅう)は、豊前国小倉藩(福岡県北九州市)で伝えられた茶道の流派。小笠原古流などとも呼ばれる。
【歴史、歴代】

茶道

茶道具(ちゃどうぐ)とは、茶道に用いる道具類の総称。
【一般的な茶道具の一覧】

茶巾

茶巾(ちゃきん)とは、茶道の点前の途中などで茶碗を拭くために使う布である。
【備考、その他】

安藤信友

安藤 信友(あんどう のぶとも)は、江戸時代中期の大名で、備中松山藩の2代藩主、のち美濃加納藩の初代藩主となった。安藤家4代。徳川吉宗の代に老中を務めた。文化人としても名高く、特に俳諧では冠里(かんり)の号で知られ、茶道では御家流の創始者となった。
【生涯、官歴、幕府での職歴、文化人としての側面、俳諧・発句、茶道、登場作品】

大日本茶道学会

大日本茶道学会(だいにほんちゃどうがっかい )は、茶道の流派の一つ。運営の主体は財団法人三徳庵であり、東京都新宿区左門町にある。
【歴史、特徴、歴代】