searching none or error

言語

この記事では言語(げんご特に自然言語について述べる。
【歴史、起源、変化、世界の言語言語の数と範囲の不確定、普段話されている言語の人口順位(上位10言語言語と国家、公用語、共通語、民族語、言語の生物学、言語に関する脳の領域、ヒトの発達における言語機能の獲得】

言語

言語学(げんごがく)は、ヒトが使用する言語の構造や意味を科学的に研究する学問である。
【語源、目的、言語の定義と特徴、恣意性、二重性、転位性、創造性、構造依存性、主要な研究分野、関連分野、対象となる言語における主要な対立項、言語学の歴史、19世紀までの言語研究、現代言語学、関連文献、辞典など、学問、学会、総合、言語、分野、他、出版社】

C言語

アセンブリ言語
【特徴、自由度、アセンブラとのインタフェース、コンパイラ仕様、処理系の簡素化、その他、コード例、主な制御構造、主な標準ライブラリ関数、歴史、誕生、UNIX環境とC言語、PCとC言語、現在のC言語、C言語の規格、C89/C90、C99、C11、主なC言語処理系、Linux、Windows、UNIX用、組み込み用、8ビット・16ビット・...

プログラミング言語

プログラミング言語1960年代、JISでは「プログラム言語」の訳語が用いられた(JIS C 6201-1967「電子計算機プログラム言語FORTRAN」)。このためプログラム言語としている例もJISをはじめとして広く見られるが、英フレーズ programming language に当てる語として必ずしも適切とは言えない。(プログラミングげんご)とは、コン...

言語哲学

言語哲学(げんごてつがく、英語:philosophy of language)とは、語義的に二つの意味に大別される。
言語哲学の歴史、言語の哲学としての言語哲学、古代ギリシャ、古代ローマ〜中世初期ヨーロッパ、11世紀〜13世紀ヨーロッパ、デカルト、ライプニッツ、フンボルト、ソシュール、フッサール、分析哲学としての言語哲学、フレーゲ、ラッセルとムー...

言語類型論

言語類型論(げんごるいけいろん、英語:linguistic typology)とは、世界中の言語の特徴を収集し、それらの相違点、類似点を探ることにより、最終的にすべての言語に普遍的な要素を見つけ出そうとする学問のことである。
【類型論の方法論、類型論におけるデータ、普遍性の種類、類型論における「説明」、形態的類型論、語順、文法関係の表示、対格型と能...

言語

言語島(げんごとう)または言語の島(げんごのしま)とは、長い間周辺部との交流が隔絶されたり、別言語を話す集団が大量移住してきたりしたために、周囲とは異なる特徴を持つ言語が分布している状態のことである。
【日本語における言語島の例、海外における言語島の例】

言語障害

言語障害(げんごしょうがい、英:Language disorder)とは、言語の適切な理解と表現が困難な病態(状態)を言う。『DSM‒5』では言語症も併記されている。
【症状、音声機能の障害、言語機能の障害、治療法】

翻訳

翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。一般に自然言語のそれを指しコンピュータプログラミング言語におけるコンパイルなど、形式言語における変換を指して(特に、以前は多かったカタカナ語の言い換え語として)「翻訳」という語を使うことも多いが、自然言語の翻訳と形式言語の変換は質的に全く異な...

言語学者の一覧

言語学者(げんごがくしゃ)とは、言語学を専攻する研究者のこと。広く言語について研究を行っている者を言うこともある。
【日本の言語学者、あ行、か行、さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、ら行、わ行、関連分野の人物、その他の国の言語学者、ア行、カ行、サ行、タ行、ナ行、ハ行、マ行、ヤ行、ラ行、ワ行】