言語学

言語学(げんごがく)は、ヒトが使用する言語の構造や意味を科学的に研究する学問である。
【語源、目的、言語の定義と特徴、恣意性、二重性、転位性、創造性、構造依存性、主要な研究分野、関連分野、対象となる言語における主要な対立項、言語学の歴史、19世紀までの言語研究、現代言語学、関連文献、辞典など、学問、学会、総合、言語、分野、他、出版社】

計算言語学

計算言語学(けいさんげんごがく)とは、形式性を重視する言語学の一分野である戸次[2010:まえがき]。自然言語処理と共に「理科系言語学」と称される戸次[2010:pp.
【計算言語学の定義、計算言語学の主な領域、注】

言語学大辞典

言語学大辞典(げんごがくだいじてん、表紙に掲げるもの。全文データベースのサイトには、’’Sanseidos Linguistic Encyclopedia’’の表現もみられる。
【編著者、編修委員】

比較言語学

比較言語学(ひかくげんごがく)とは、言語学(歴史言語学)の一分野であり、親縁関係や同系性が推定される諸言語を比較することにより、同系性や親縁性(語族、語派)を見出したり、あるいは共通祖語を再構したりしようとする学問。
【方法と概要、批判と現在の状況、比較言語学の歴史】

神経言語学

神経言語学(しんけいげんごがく、英語:neurolinguistics)とは、発話、手話、書字される言語の理解、産出、及び言語の抽象的知識の根底にあるヒトの脳のメカニズムに関わる科学の分野である。神経言語学は、言語学、認知科学、神経生物学、計算機科学などにまたがる学際的な分野である。
【歴史、新たな発展、心理言語学、計算論的モデリング、関連文献】

心理言語学

心理言語学(しんりげんごがく、英語:psycholinguistics)は、人間が言語を獲得する過程について研究したり、言語の認知処理、言語の生成過程や方言の出現など、言語学の中でも特に人間の心理的過程と結びつけて研究する言語学と心理学の中間の学問である。

社会言語学

社会言語学(しゃかいげんごがく、英語:sociolinguistics)は、言語を社会との関わりで見ようとする言語学の一分野。

言語学研究会

言語学研究会(げんごがくけんきゅうかい)は、日本の言語学の研究会。
【主なメンバー(途中から離脱した者も含む主な著作物】

個別言語学

個別言語学(こべつげんごがく)とは、個別言語について研究する学問、すなわち日本語学、英語学、フランス語学などの総称的ないし通称的名称である。個別言語学という名を持つ、独立した学問のシステムが存在する訳ではない。
【概説、研究内容、具体例、音韻論、統辞論、個別言語のシステム、共時論と通時論、共時的な内容、通時的な内容、個別言語同士の比較、言語の系統類...

転写 (言語学)

転写(てんしゃ、」(馬鹿)における最初の「」は と発音され、2つ目の「」は と発音されるが、音韻論的には両者は単一の音素 の異音である。よって、音声に基づいた転写では となり、音韻に基づいた転写では となる(言語学では、音声転写は で、音韻転写は でそれぞれ括る)。
【音声転写と音韻転写】