哲学の概要

以下の概要は哲学の概観、あるいは哲学の話題の手引きである。:
哲学の中核的な領域、哲学の主な分野、哲学の歴史、古代哲学、西洋哲学、東洋哲学、現代哲学哲学の理論、哲学の主な学派、アナーキズム、分析哲学、大陸哲学、マルクス思想、哲学的運動、古代、中世、近代、現代、部門ごとの哲学、美学、認識論、倫理学、論理学、形而上学、社会・政治哲学、言語哲学、法哲...

合理主義哲学

合理主義哲学(ごうりしゅぎてつがく)は、17-18世紀の近代哲学・認識論における一派。大陸合理主義、大陸合理論とも呼ばれる。
【解説、ルーツ、批判と継承、主な論者】

近世哲学

近世哲学(きんせいてつがく)は、中世の後に区分される、おおよそ16世紀から20世紀までの哲学のこと。近代哲学とも。
【合理論、デカルト、マルブランシュ、スピノザ、ライプニッツ、経験論、ロック、バークリ、ヒューム、カント】

哲学の学派

哲学の学派では、哲学の学派の一覧を述べていく。
【古代ギリシア、イスラーム哲学、キリスト教哲学、インド哲学、仏教哲学、中国哲学近代哲学、脚注・出典】

現実

現実(げんじつ)とは、いま目の前に事実として現れているもののこと。対義語は虚構(フィクション)ないし理想。
【現象と現実、仮想と現実、虚構と現実、理想と現実、言語と現実、思想史、東洋思想、西洋思想、古代哲学、中世哲学近代哲学、現代思想】

アリストテレス主義

アリストテレス主義とは、古代ギリシアの哲学者アリストテレスの思想・哲学を継承する思想的立場の総称アリストテレス主義とは - 大辞林/大辞泉/世界大百科事典。
【歴史、逍遙学派(ペリパトス派イスラム哲学、スコラ学、近代哲学、脚注・出典】

普遍論争

普遍論争(ふへんろんそう)とは、スコラ哲学において「普遍は存在するか」という問いをめぐって争われた哲学上・神学上の論争の一つである。これと内容的に同じ議論が、古代から続いており、近代哲学や現代の哲学でも形を変えて問題となっている。「普遍概念」をめぐる論争として、中世の論争を特にこの名で呼ぶ。
【普遍概念、実在論と唯名論、著名な論客、脚注 出典、関連...

中国哲学

きれいに整えられ、「
【古代哲学、歴史、初期思想、諸子百家、学派、儒家、道家、法家、陰陽家、墨家、名家、農家、帝国時代初期の哲学、秦漢王朝、六朝時代、玄学、禅、帝国時代中・後期の哲学、新儒学、近代、新儒家、飲茶と哲学、重要人物、仏教、中国哲学の概念】

物理学の哲学

物理学の哲学(ぶつりがくのてつがく、英語:philosophy of physics)は、近代物理学の基礎的、哲学的な問題を扱う科学哲学の一分野である。主なトピックとしては以下のようなものがある。

ウーシア

ウーシア )とは、「実体」や「本質」を意味するギリシャ語の言葉。ラテン語に翻訳される際に、この語には「substantia」(スブスタンティア「essentia」(エッセンティア)という異なる二語が当てられたため、このような語彙の使い分けが生じた。
【アリストテレスによる定義、『範疇論』、『形而上学』、後世の継承、中世キリスト教、近代哲学、脚注・出...