searching none or error

銀行

銀行(ぎんこう)とは、概ね、預金の受入れと資金の貸出しを併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関を指すが、その範囲は国によって大きく異なる。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。広義には、中央銀行、特殊銀行などの政策金融機関、預貯金取扱金融機関などの総称である。
【法的形態、銀行の3大機能、銀行の業務、...

りそな銀行

*
銀行の概要、営業拠点、以前存在した拠点、スポーツ振興くじ(toto経営統合までの経緯、大和銀行、あさひ銀行、りそなグループの誕生から実質国有化へ、初の予防的公的資金注入、オンラインシステムの統合に関する経緯、旧大和銀行システムの売却、ゆうちょ銀行での採用、関連会社、連結子会社、持分法適用関連会社、沿革、母体行、協和銀行、埼玉銀行、奈良銀行、り...

みずほ銀行

【設立の経緯、2002年から2013年までのみずほ銀行、公的資金、地域的基盤、企業間提携、沿革、旧・みずほ銀行、現・みずほ銀行、特徴的な業務、宝くじ、金融債、両替、決済サービス、みずほATMコーナー・みずほダイレクト、キャッシュカード利用提携、イオン銀行との戦略的提携による直接接続、コンビニATM、みずほマイレージクラブ、みずほプレミアムクラブ、クレジット...

銀行

銀行法(ぎんこうほう、昭和56年(1981年)6月1日法律第59号)は、銀行に関して規定する日本の法律である。銀行の業務の公共性に由来する信用維持・預金者保護などと、金融の円滑のための銀行業務の健全・適切な運営を確保することを目的とする(1条)。
【構成、関連する規則等、銀行の業務範囲、銀行グループの業務範囲、銀行銀行持株会社の議決権保有、銀行法...

中央銀行

中央銀行(ちゅうおうぎんこう)とは、国家や一定の地域の金融機構の中核となる機関である。通貨価値の安定化などの金融政策も司るために「通貨の番人」とも呼ばれる。
【中央銀行の業務、中央銀行の起源、中央銀行の独立性、独立性の弊害、ドイツの例、「目標の独立性」と「手段の独立性」、イギリスの例、日本銀行について、世界の中央銀行、日本における位置づけと名称の類...

普通銀行

普通銀行(ふつうぎんこう)とは、銀行法上の「銀行」(同法2条1項)である。すなわち、同法4条1項の内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者をいう。定義上は外国銀行支店について銀行免許を得た当該外国銀行を含むが、法令上は含まないと解される場合もある。
【業務の範囲、普通銀行の区分、かつて存在した普通銀行以外の形態の銀行、協同組織金融機関との関係、銀行...

三井銀行

【歴史、江戸時代-三井両替店、明治維新後、第一国立銀行創立、私盟会社三井銀行創立、日本銀行の設立、近代銀行の基礎確立、株式会社化 - 五大銀行体制、外国為替業務への進出 - ドル買い事件、帝国銀行の発足、帝国銀行の分裂と「三井銀行」の復活、太陽神戸銀行との合併、その後、沿革、地域別店舗数、キャラクター、関連人物】

三菱東京UFJ銀行

【沿革、振込サービスの独自化、キャッシュカード利用提携、三菱東京UFJ銀行とディズニーキャラクター、携帯電話専業銀行「じぶん銀行」の設立、関係が親密な地方銀行、関係が親密な大口融資先、旧三菱銀行、旧三和銀行、旧東海銀行、行政処分・不祥事、注、広報資料・プレスリリースなど一次資料】

信託銀行

信託銀行(しんたくぎんこう)とは、一般に信託業務を主に営む銀行をいい、日本においては、銀行法に基づく免許を受けた銀行のうち、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)によって信託業務の兼営の認可を受けたもので、信託業務を主として行うものを指す。
【日本史、信託業務、信託銀行略年表、信託銀行の一覧、リテール信託、金融機関系信託、外銀系信託、マス...

ゆうちょ銀行

【株式の状況、店舗網、沿革、役員、各種サービス、流動性貯金、定期性貯金、貸付け、振替、為替、投資信託、給与の受取り、振替データの送付手段、外国為替・外貨取り扱い、その他、通帳の副印鑑表示と住所の表示、ATM、海外発行カードへの対応、24時間サービス、他金融機関との提携、振込、ATM・CD提携、他金融機関のサービスの提供、通常貯金通帳の記号番号の属性、記号、...