ネット銀行

ネット銀行(ネットぎんこう)とは、営業上最小限必要な店舗のみを有し、インターネットや電話などの通信端末を介した取り引きを中心とする銀行である。
【日本、インターネット専業銀行、店舗を持たない銀行、日本における状況、無通帳取引、入出金とATM、振込、口座振替、金融商品・サービス、その他】

グラミン銀行

グラミン銀行)とは、バングラデシュにある銀行でマイクロファイナンス機関。「グラミン」という言葉は「村(gram)」という単語に由来する。本部はバングラデシュの首都ダッカ。ムハマド・ユヌスが1983年に創設した。マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象にした比較的低金利の無担保融資を主に農村部で行っている。銀行を主体として、インフラ・通信・エネルギーなど、多...

浜松市

【地理、気候、人口、隣接している自治体、行政、歴代市長、浜松市役所組織、市長事務部局、その他部局、区役所、歴史、地名の由来、古代、中世、近世、明治から第二次大戦まで、昭和(戦後平成、政治、市議会、県政、国政、警察・消防、姉妹都市・提携都市、海外、日本国内、国の機関、法務省、財務省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、国際機関、領事館、金融機関、地区構成、行...

通信機能抑止装置

通信機能抑止装置(つうしんきのうよくしそうち)とは、無線通信通信妨害するための無線設備である。通信抑止装置、電波抑止装置などとも呼ばれる。
【圏外という表現について、免許、法的根拠、妨害する通信の種類、使用場所、銀行のATM、不正受験防止】

全国銀行データ通信システム

全国銀行データ通信システム(ぜんこくぎんこうデータつうしんシステム)とは、日本国内の金融機関相互の内国為替取引をコンピュータと通信回線を用いてオンライン処理を行えるようにした手形交換制度のことである一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク - 全国銀行データ通信システム・パンフレット。1973年4月9日に稼働を開始し、以後処理能力の向上と設備増強を繰り返し...

アフリカ開発銀行

アフリカ開発銀行(アフリカかいはつぎんこう、African Development Bank、略称:AfDB)は、アフリカで多くの国が独立した1964年にアフリカの経済開発促進を目的に発足した融資機関で、各国の債務危機の救済と運輸・通信・衛生・教育・経済・社会インフラの整備も行う。アフリカ経済委員会の斡旋で発足し、1966年に業務を開始した。
【構...

古河財閥

古河財閥(ふるかわざいばつ)は、古河市兵衛が設立した財閥。十五大財閥の1つ。
【年譜、歴史、市兵衛の独立、鉱山経営、市兵衛の個人事業から古河鉱業への発展、古河財閥の形成、古河財閥の確立、古河商事の破綻、古河銀行の破綻、第一銀行(現みずほFG)と古河グループとの関係、財閥解体と古河三水会の発足、古河財閥 主要企業、古河鉱業(現・古河機械金属)の設立、...

松山市

松山市役所
【地理、気候、広袤(こうぼう人口、沿革、行政、市の行政、歴代の市長、平成の大合併における市の対応、主な行政機関・公共施設、姉妹都市、提携都市、主な国の機関等、主な県の行政機関・公共施設、立法、市議会、愛媛県議会(松山市選挙区衆議院、経済、産業人口、卸小売業、その他 大衆娯楽、情報通信業、運輸業、金融機関、銀行、信用金庫・信用組合等、証券...

持株会社

持株会社(もちかぶがいしゃ)とは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社を指す。ホールディングカンパニー(Holding=保持、保有)とも呼ぶ。
【概説、歴史、持株会社の創り方、抜殻方式、株式移転方式、株式交換方式、特殊ケース、持株会社のメリット・デメリット、メリット、デメリット、持株会社の一覧、複数業種、銀行・保険・証券・商品...